フォト

おすすめ本

« グレーサロペットのユノアクロス少年 | トップページ | 初秋の庭 »

「食堂つばめ」

矢崎存美「食堂つばめ」角川春樹事務所

ぶたぶたシリーズの矢崎在美さんの別シリーズ1作目。
なんとなく「かもめ食堂」を連想していたけど、全然違う話でした。当たり前(笑)

会社員の柳井秀晴は、食いしん坊。
電車の中でうとうとしていたら、見覚えのないところにいました。
空腹のあまり車内販売を探したのですが、見つからない。
販売員らしい女性に、食堂ならあると言われて、サンドイッチを頼みます。
女性は「ノエ」という名札をつけていました。
サンドイッチは最初は普通と思ったのですが、美味しいサンドイッチを思い出した途端、異様に美味しくなる!?
停車駅で降りたのですが‥

秀晴が次に気がついたら病院で、電車内で倒れたとわかります。
食堂つばめでの出来事は、どうやら臨死体験だったらしい。
「何かあったらまず腹ごしらえ」と母に言われて育ったのが、幸いしたのか‥?

美味しい玉子サンドをまた食べたい一心で、再びあの車内の食堂つばめに戻った秀晴。
謎の女性ノエは、生死の境をさまよう人を出来る限り生の世界へ戻したいと考えているらしい。
ノエ自身は記憶を失っているらしいのですが。
ノエの正体とは‥

最後に食べたいと思うのは何?
大事な思い出のある食べ物が次々に出てきて、実に美味しそう。
玉子サンドを食べたくなるのは請け合い~もう何度も食べちゃいましたよ。
誰もが知っているような食べ物ばかりだから、自分の思い出とも重なってきます。
自分が疲れすぎて食べ物や料理に前ほど興味が持てない状態になったので、しばらくの間、こういう作品とは縁遠くなっていたのです。
それが読みたくなってきて‥いろいろ評判を調べて図書館にリクエストした中の一作。

ぶたぶたシリーズに比べれば、やや曖昧で不思議感のある筆致。
暗いってほどでもないんですが。
一言で表現できなくて、ご紹介書くのが遅れました。
どう展開するのかな?
美味しい食べ物には安心しつつ、どちらへ転ぶかわからないような感覚を楽しめばいいのかな‥?

« グレーサロペットのユノアクロス少年 | トップページ | 初秋の庭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60254249

この記事へのトラックバック一覧です: 「食堂つばめ」:

« グレーサロペットのユノアクロス少年 | トップページ | 初秋の庭 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック