フォト

おすすめ本

« 「静かな水のなかで」 | トップページ | 「ペテロの葬列」 »

ハロウィーン魔女のmomoko&バービー

141030_185818「ハッピー・ハロウィーン!」
うちの「選べるmomoko」の咲耶さんです☆
「魔女っ子みう」ちゃんのお洋服を借りてみました。
141030_191027
魔女ならハロウィーンにぴったりでしょ?
楽しい組み合わせのスタイルです♪

141030_191146ただ白い長袖ブラウスは、みうちゃんでも上着と重ねては着せづらく、
ちょっと大きいmomokoさんが着るのは至難の業なのでパス。
リセの黒いキャミを着せました。
141030_191711
カボチャ大王?というより、おばけさんの馬車みたいなのは、
前に食べたパンプキン・プリンの器です。
おばけさんとアップ☆

この咲耶さん、色白肌で真ん中わけの黒髪なので、魔女っぽいのではと思いつきまして♪
‥十二単を着せようと思って選んだ子なんですけどねcoldsweats01
ハロウィン・カラー(黒、紫、オレンジ)に黒い服だけで撮ると、
ほとんど、顔が白く飛んじゃうので~
黄色や白の花など、いろいろ足しています。

141030_192556「こんばんは~ハッピー・ハロウィーン!」
「わあ、アマンダさん! お待ちしてました~」
「にぎやかね」
「アマンダさん、まんまで魔女に見えるってすごくないですか」
141030_192955
「あら、そうお? もっと魔女らしくするには‥」

141030_194259
「どうかしら、ほほほ」
「さっすが、似合いますねー!」
141030_194828
「じゃあ私もハイヒールにしようかな」
底が赤い黒のハイヒールで、ちょっと大人っぽく☆

141030_195009
「記念撮影しましょうよ」
「決まった!?!」happy02

*ハロウィーンとは、もとはケルト民族の収穫祭。
「諸聖人の日」が中世にキリスト教で11月1日と定められると、その前日のお祭りをハロウィーンというようになったそう。
昔は10月末が大晦日で、先祖霊が帰ってくると共に悪霊や魔女が出てくるとされ、仮面をつけて自分も悪霊の仲間のふりをして身を守る風習があったことから。
アメリカでは、男の子は海賊(の幽霊ってこと?)、女の子は妖精のプリンセスの仮装が人気あるとか。
聖人以外のものならオッケーらしいので、ディズニーキャラも魔女がいるようなファンタジー世界の住人ということで、いいらしいですね。
宗教行事ではなく、民間のお祭りということだそうです。

子供がお菓子を貰う、というのはわかるけど、子供が幽霊や悪霊に扮するっていう発想は日本ではなかったかも?
日本の場合、ハロウィーンは急に盛んになってきましたが~
日本人は季節の行事が好きだし、外国のもの取り入れるのも好きだし、10月はいい季節の割に行事が少なくて(学生なら文化祭とかあるけど)、仮装ってあまり機会がなかったから。
秋の収穫時期にお祭りで仮装する、ってことではグローバルでいいんじゃないですかね♪

« 「静かな水のなかで」 | トップページ | 「ペテロの葬列」 »

お人形」カテゴリの記事

ドールmomoko」カテゴリの記事

バービー」カテゴリの記事

コメント

ハロウィンっていうと、私はスヌーピーの世界を思いだします。
子供の頃は、スヌーピーでハロウィンってよく出てきていて、何となく未知のあこがれの行事だったけど、あっというまにクリスマスのような日本のお祭りになりましたねぇ。
チャーリーブラウンやライナスたちが、わいわい騒いでいて、「お菓子くれなくきゃ、いたずらするぞ」とか「カボチャ大王」とか。
お祭りとしては、アメリカっぽいですかね。
今年は小さなエルザがたくさんいたようです。

sigeさん、
あ、スヌーピー!
そうですね~カボチャ大王って、どこで覚えたんだろうと思ってたんですよ。
きっと、スヌーピーだわ。何年か、当たり前にいつも読んでいたから^^
ハロウィンてよくわからなくて、憧れがありましたね。子供のお祭りという印象もありました。
アメリカで一番盛んなようですね~。
カボチャのランタンも、アイルランドでは蕪だったそうだし。
アメリカからの輸入だから、ディズニーとも縁が深い。エルザのドレスは綺麗ですもの、女の子は着たがったでしょうね~♪

スヌーピー、わたしも覚えてますよ!
かぼちゃ畑が出てきたような……
子供にとって楽しい行事なんでしょうね。

この頃急に流行ってきたみたいでびっくりです!
仮装は楽しそう~ ちょっとやってみたいですね。
経済効果はバレンタイン以上だそうです。 

marieさん、
そうですよね~! marieさんなら、スヌーピーお好きだしって思ってました^^
仮装してお菓子がもらえて、ってすごく楽しそう☆
今の幼稚園の子達は当然のことと思って育つのかな。
うちの親が入院していた老人病院でもハロウィンの催しがあったんですよ。患者さん達はほとんど意味がわかっていないようでしたが、看護師さん達が扮装して回ってくるので嬉しそうでした。
最近の流行ぶりはすごいですね~。
近くでパレードやっていたら、ちょっとやってみたい?
バレンタイン以上ってすごいですね!
お菓子だけじゃなくて、服を買うからですかね^^

このmomokoの衣装すんごく可愛い!
可愛いコーディネートですね〜。
アマンダさんは黒髪ロングなので、セクシーだけど黒い衣装は迫力のある怖さですね。

ハロウィーンは日本でも商業的な意味でも盛り上がり傾向ですよね。
ただこの歳で仮装するかな??って考えると、日本では無理かなぁヾ(*゚A`)ノ
海外に居たらノリノリで参加するけど。
(ちなみに去年はちょうど一時的に日本に帰ってきてて、出来ませんでした)
歳に関係なく色々な海外由来のイベントが楽しめる土壌になるには、日本はあと、ん十年待たないとかしら!?
(それとも無理?)

Melusineさん、
ありがとうございます☆やったね♪
真ん中わけの黒髪の子がここでピッタリとは予想外でした。
アマンダさんは色っぺくてお気に入りです。
いまどき日本じゃ見ない濃いメークなので、黒をロングにすると、迫力でしょー!

今の日本のハロウィンは、若者中心みたいですね。渋谷などではちょっとバカ騒ぎ傾向になってるみたい。
衣装によっては大人でも別に出来ないことはないかもしれないけど‥
ヴェネツィアのカーニヴァルなら年齢問わないけどねえ。ああいうの、やらないかしら。
リオのカーニヴァルでサンバの衣装は無理だけどね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60569147

この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィーン魔女のmomoko&バービー:

« 「静かな水のなかで」 | トップページ | 「ペテロの葬列」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック