フォト

おすすめ本

« ブルー系の着物のジェイドール | トップページ | ブルー系の着物の帯を替えて »

「家出ミツバチと森の魔女」

ハンナ・リード「家出ミツバチと森の魔女―はちみつ探偵<2>」原書房

はちみつ探偵シリーズ、2作目。

故郷の町で食品雑貨店を経営するストーリー・フィッシャーは、バツイチ30代の女性。
都会に憧れて出て行ったもののUターンし、高校時代のBFだったハンターと、お互い大人になって、良い感じになっています。

ストーリーは自慢のはちみつを使った蜜蝋でキャンドル教室を開催、会場はにぎわっていました。
そこへ見知らぬ女性が来たと思ったのは、16年前に事件を起こして服役していたローレン。

森の奥に「失地」と呼ばれる空き地があり、高校の頃のストーリーたちが肝試しに集まったりした場所でした。
16年前の事件にも、疑惑が起きてきます。本当はそこで何が起きたのか‥?!

また姿を消したローレンを皆で捜索していたら、ストーリーは森で事件に遭遇してしまいます。
しかも現場近くの木には、ストーリーが大事に裏庭で飼っているミツバチ達が、家出して巣を作っていました。
ミツバチって、巣を移動する習性があるんですね。

警察長のジェイも高校の同級生なのですが、ストーリーをなぜか目の仇にしている厄介な相手。
なぜここまで?とちょっと謎だけど。
ジェイの敵意をかいくぐりつつ、事情を調べざるを得なくなるストーリー。

明るい性格でまずまずの美人だけど、少しおっちょこちょいな所もあるヒロイン。
子供の頃から犬を怖がっていましたが、ハンターが訓練している大きな警察犬を預かり、しだいにボディガード代わりのように馴染んでくるのが微笑ましい。
生活感も事件もユーモアもほどほどに書き込まれていて、読みやすく、楽しめました。

« ブルー系の着物のジェイドール | トップページ | ブルー系の着物の帯を替えて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60254243

この記事へのトラックバック一覧です: 「家出ミツバチと森の魔女」:

« ブルー系の着物のジェイドール | トップページ | ブルー系の着物の帯を替えて »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック