フォト

おすすめ本

« 中華でランチ | トップページ | ピンク系花柄浴衣のmomoko・その3 »

「ST警視庁科学特捜班」

今野敏「ST警視庁科学特捜班」講談社

軽く読める事件もの、シリーズ1作目。
特殊能力を持つ捜査官が、活躍します。
ちょうど「赤と白の捜査ファイル」として、ドラマ化されています。

警視庁科学特捜班、通称STが創設されました。
束ねるのは、真面目な百合根知久警部。
専門家のリーダーは、赤座左門。法医学担当。
彫りの深い顔立ちで無精ひげに男の色気があり、気難しい女嫌いなのですが、なぜか周りに人が集まってくるという。
毒物などの担当は、黒崎勇治。武道の達人でもあります。
(朝ドラの朝市くんがやっていて、寡黙でなかなかカッコイイ)
文書鑑定担当でプロファイリングもするのは青山翔。恐ろしいほど端正な美貌の青年。
物理担当の若い女性は結城翠。常にセクシーな服装で、異常に聴覚が発達しています。
そして、僧侶でもある山吹才蔵も化学担当。
僧服で現場に駆けつけ、まずお経を上げるという。

それぞれの分野でトップクラスだったのですが、優秀さと引き換えのように個性的過ぎて、組織からは浮いているメンバー。
たたき上げの警官・菊川警部補からは反発され、百合根警部は気をつかいつつ、何とか彼らの才能を生かそうとします。
ゴレンジャーのごとき色の付いた名前で、劇画乗りの展開とでもいいましょうか。
連続殺人事件は鮮明に描かれていますが、現実味があまりないので怖くはないです。

「隠蔽捜査」シリーズが面白かった今野さんですが、ものすごく多作な作家さんなんですよね。
手っ取り早く読めそうで、傾向の違うものを探して読んでみました。98年にノベルスで出ています。
前にドラマ化もされ、最近は連ドラに。
百合根が岡田将生とは意外な~原作どおりなら美貌の青山を演じるところかな。
ドラマでは青山は女性になってます。
最初は5人の特徴がばらばらすぎて、一人ずつの役割の印象はそんなに残らない。
悩める凡人・百合根警部のほうが心情的にわかりやすい、ってところはあるかも。
勢ぞろいしたところは、テレビのほうが視覚的でわかりやすいですね。
小説も、パーッと読めて、気晴らしになります☆

« 中華でランチ | トップページ | ピンク系花柄浴衣のmomoko・その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/60058205

この記事へのトラックバック一覧です: 「ST警視庁科学特捜班」:

« 中華でランチ | トップページ | ピンク系花柄浴衣のmomoko・その3 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック