フォト

おすすめ本

« 手作りお人形着物 | トップページ | お人形浴衣の着付け »

「クイーン」

映画「クイーン」監督スティーヴン・フリアーズ 出演ヘレン・ミレンほか

ダイアナ妃が事故死した後、イギリスを揺るがした1週間。
エリザベス女王はじめ王室や、ブレア首相の対応を緻密に描きます。

離婚が成立した翌年、ダイアナ元妃がパリで事故死。
世界に衝撃が走りました。
スコットランドのバルモラル城にいたエリザベス女王一家は、既に王家を離れた人のことで前例もないからと、コメントも出さず、夏休みを続けます。
二人の王子をマスコミの喧騒から守るためでもありました。
しかし、ウィンザー城の前にはダイアナ妃への花束が山のように捧げられ、空気は追悼一色に。
王家の対応が冷たいと、世間の非難を浴びることになりました。

5月に首相に就任したブレアは労働党の党首。つまり革新派です。しかもブレア夫人は王室廃止論者。
ブレアはダイアナ元妃を悼むコメントをいちはやく公表し、女王に帰還を求めます。
エリザベス女王は当初は一部のマスコミが扇動しているだけと思い、毅然としているべきだという母の考えに同調しますが、テレビなどの様子で間違っていたかもしれないと考え始めるのでした。

女王の夫フィリップは夫婦仲はよさそうだけど尊大な古いタイプの男で、母を失った孫息子達を慰めるためには猟に連れて行くことしか思いつかない。
チャールズ皇太子は両親に圧倒されていて物腰がいささか情けないけど、さすがに世間のダイアナ人気はよく承知しているんですね。
ダイアナ妃のことを愛情を素直に表す素晴らしい母親だったと認めていて、それをエリザベス女王に告げるのは暗に女王はいい母親ではなかったといっている様子だったり。

見てきたかのように描かれる王家の人々の発言は事実そのままではないでしょうが、誰がどんな考えでいたかはよく取材したのでしょう。
国葬が決まり、世間的にはブレアが善玉で勝利し、女王が説得に負けたと取られる。
一方、ブレア個人は女王に接するうちに敬意を深めていきます。

バルモラル城はスコットランドにある王室の私的な夏の保養地。「至上の恋」ではヴィクトリア女王がこもっていたところです。
あまりにも広大な敷地、美しい光景に心癒されるようで、英国王室の人が気に入っているのもわかります。
大きな鹿に出会い、女王が感銘を受けるシーンも印象的。

ヘレン・ミレンの女王そっくりの歩き方や表情、気品と威厳が素晴らしい。(まとわりつく犬達が何とも可愛い)
国葬で演説するときの、哀しみをたたえた目が印象的でした。
アカデミー賞の主演女優賞を受賞しています。

« 手作りお人形着物 | トップページ | お人形浴衣の着付け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クイーン」:

« 手作りお人形着物 | トップページ | お人形浴衣の着付け »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック