フォト

おすすめ本

« バービー服を着るアメリとmomoko | トップページ | ひつまぶし弁当 »

「思い出のとき修理します」

谷瑞恵「思い出のとき修理します」集英社文庫

ある商店街に住み始めた女性が出会った時計屋さんは‥?
ほのぼの優しい雰囲気の読みやすい作品です。

明里は恋人にふられて仕事の自信までなくし、思い出のある町に引っ越してきました。
子供の頃、少しだけ過ごしたことのある懐かしい津雲神社通り商店街。
閉店して数年たつ理容店に、ただ住むことにしたのだが、そこの孫があとを継ぐというふうに知れ渡ってしまう。

のどかな商店街には古い時計屋があり、「おもいでの時 修理します」という看板がかかっていました。
「おもいでの時計修理します」というものの字が一個欠けたのだろうと思いつつも、壊れた思い出のある明里は気になってしまうのです。
そう思って訪ねてくる人もいた‥

時計屋の主の秀司はまだ若い青年で、明里が子供の頃に会ったことがあるらしい。
津雲神社あたりをふらふらしている大学生の太一と一緒に、明里はよく朝ごはんを呼ばれるようになります。

小さな出来事を一緒に解決するうちに、親切な時計屋さんにだんだん惹かれて行く明里。
時計屋さんにも、切ない思い出が‥
後半は、過去が解き明かされます。

「ビブリア古書堂」をちょっと連想しましたが「ビブリア」ほどミステリではなく、「コンビニたそがれ堂」に近いかもだけどあれほどファンタジックではない、という感じ。
ふんわりした書き方で、癒されました。
ちょっと疲れたとき、優しい気持ちにひたれます。

« バービー服を着るアメリとmomoko | トップページ | ひつまぶし弁当 »

コメント

ご無沙汰しております。
これは私も読みました。
設定を活かしきれていないのがちょっと勿体無いかなと思ってたら2が出てました。
設定あんまり関係なくなってましたが。

ところで、有川浩のコロボックルと猫旅の絵本版を間違えて2冊ずつ買いました。
暑さにやられております・・・。
いえ、買ったのは暑さにやられる前だったと思うのですが、本日見つけてかなりショックを受けています。
2回も買っていた記憶すらなかったのです。両方とも図書館で借りて読みました。
相当ヤバいです。

>櫻子さん、
わぁ、こんばんは☆いらっしゃいませ^^
設定生かしきれてない感じはちょっとありましたね~。
2も出てますか。
‥設定あんまり関係ない? そんなもんですかね^^;

同じ本を2冊‥ずつ?!
きっと暑さのせいですね~あ、私も2回買ったことぐらい、何度かありますよ!
え、買ってあるのに図書館で借りて読んだの?
そんなに読みたかったのかしら~^^
さっすが櫻子さん、ネタの宝庫になるようになってしまうのね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/59836777

この記事へのトラックバック一覧です: 「思い出のとき修理します」:

« バービー服を着るアメリとmomoko | トップページ | ひつまぶし弁当 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック