フォト

おすすめ本

« 選べるmomokoのクラシカルロリータ | トップページ | 窓辺でくつろぐ猫 »

「刑事たちの三日間」

アレックス・グレシアン「刑事たちの三日間」創元推理文庫
19世紀末のロンドンを舞台に、警官達の奮闘を描きます。
時代色たっぷりで、面白く読めました。

1889年、切り裂きジャックの事件がどうやら迷宮入りに終わり、街には恐怖が漂っている時期。
警察の権威は、地に落ちています。
とはいえ、そもそも警察官の数は少なく、殺人課など発足したばかり。増え続ける犯罪に対して、12人しかいない刑事の負担が増える一方という過酷な状況なのでした。

ウォルター・ディ警部補は抜擢されて、殺人捜査課へ赴任してきます。
犯罪が少ない田舎町から越してきて、若い妻クレアも慣れないロンドン暮らしに。
クレアは良家の出で、本来は高嶺の花。ディのほかにない人柄を見抜いて結婚したのです。

そんなとき、警官が殺される事件が起きます。
平行して進む出来事が絡み合い、入り組んだ人間関係がどう解き明かされるかわからない、緊迫した三日間に。

ウェールズ出身のネヴィル・ハマースミス巡査は、煙突掃除の少年が死んだ事件をほっておけず、その家の前を見張ります。
おそらくは事故なのですが‥そんな危険なところで働かせた雇い主や通報しなかった家の人間を簡単に許せなかったのです。
不眠不休で頑張る根っからの警官、このハマースミスがいいんですよ~!

キングスリー博士は、法医学検査官。
といっても、まだ正式には警察にその役職はなく、見ていられずに買って出ているのです。
変人だけど熱心な博士。娘を助手にしています。

髭を生やした男がつぎつぎに殺される、ホームズの事件の表題になりそうな事件があったり。
警察署の前の路上にいる浮浪者ダンスマンなど、癖のある登場人物たち。
ディ警部は捜査に協力したダンスマンの身の振り方を考えてやります。

登場人物が個性的で、その濃さは同じような比重で群像的に描かれます。
犯人の視点からの描写もあり、途中から犯人はわかってしまいますが。
動機が20世紀後半の連続殺人とは違い、貧しさや解決不能な絶望が背景に。

行方不明になった幼い子供を捜し続けた親のもとへ、子供が帰り着くところには、涙。
刑事たちの身近にもいろいろあった問題が思いがけない展開で、実はなるほど、おさまる所におさまるのが~満足な読後感でした。

« 選べるmomokoのクラシカルロリータ | トップページ | 窓辺でくつろぐ猫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/59788201

この記事へのトラックバック一覧です: 「刑事たちの三日間」:

« 選べるmomokoのクラシカルロリータ | トップページ | 窓辺でくつろぐ猫 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック