フォト

おすすめ本

« 南天の葉が猫の草 | トップページ | 幼SDリリィのくるくる縦ロール »

「アガサ・レーズンと猫泥棒」

M・C.ビートン「アガサ・レーズンと猫泥棒(コージー・ブックス)」原書房

アガサ・レーズン2作目。
どたばた喜劇調の異色なユーモア・ミステリです。

憧れの美しい村で暮らすために、社長を引退したアガサ。
流儀が違いすぎて、なかなか村の暮らしに溶け込めない。
強引なわりにやり方が不器用で~おかしなオバチャンだけど、根には純情なところも?

ハンサムな隣人ジェームズ・レイシーにアタックしようとしたのですが、見え見えなやり方に相手はすっかり逃げ腰に。
新しい獣医がハンサムで、村の女性達が押しかけ、アガサも病気でもない猫のホッジを連れて行きます。
意外や、獣医のポールはデートに誘ってくるのですが‥
どうやら、あまりたちが良くないらしい?

ハンサムな中年男というだけで中身の知れなかったジェームズの意外な面も出てきて、付かず離れず事件を追ううちに、いつの間にやら珍コンビが出来上がりそう。
アガサの理解者である刑事のビル・ウォンも相変わらずいい味を出していて、彼にも意外な一面が‥!
彼の人の良さにはアガサも脱帽?

猫の扱い方も知らなかったようなアガサが、いつの間にかすっかり可愛がっていて、何かあるたびにパニックになるのはご愛嬌。
周りの人も心配して駆けつけてきてくれたり。
好感が持てました。
ごく普通の感じのいいヒロインに感情移入して読むコージーミステリの王道ではないけれど、喜劇の舞台を見るように眺めると、楽しめますよ☆

« 南天の葉が猫の草 | トップページ | 幼SDリリィのくるくる縦ロール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/59452611

この記事へのトラックバック一覧です: 「アガサ・レーズンと猫泥棒」:

« 南天の葉が猫の草 | トップページ | 幼SDリリィのくるくる縦ロール »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック