フォト

おすすめ本

« 縦ロールに白いドレスのリリィ | トップページ | 5月の庭 »

「私が源氏物語を書いたわけ」

山本淳子「私が源氏物語を書いたわけ」角川学芸出版

紫式部の一人称による自伝という形式の小説です。
「紫式部日記」という一級資料もあるので、それを基に、背景となる史実の解説を交えた内容。
式部の人生経験が、源氏物語に詰まっているのですね。

藤原氏という貴族の血筋を誇っていた式部。
父親の家系には、もっと華やかな時代もあったのです。
清少納言と同じ受領階級などと思わないで貰いたいと。それ、現代の人に向けて言ってる?

源氏物語は、式部の先祖が当時よりも主流だった過去の時代を設定して描かれているんですね。
光源氏が天皇の皇子でありながら臣籍となった微妙な屈託もそのあたりから?

源氏物語にこめた様々な思いが、ありありと描かれます。
次々に大切な人と死に別れた人生。
平均寿命の短い当時はそう珍しいことでもなかったでしょうから、自分ばかりが不幸のように書いているとも受け取れますが。
よっぽど辛い思いをして、しかもそれを忘れずに反芻する性格なのが作家向き?
遅く結婚した夫に早世されたのは、確かに短い縁でした。正妻でもなかったし‥
その寂しさから書きついで行ったのが、のちに源氏物語としてまとまります。

中宮彰子の女房(女官)として宮中に上がったものの、誰にも話しかけられずにすぐ家に逃げ帰ってしまった式部。
気を取り直して?戻った後で、話しかけられやすく振舞ってみて、女房仲間に物語作者などどんなにお高くとまっているかと怖がられていたのだと初めて気づく。
どうすればいいのか模索した経験を、娘に書き残そうと考えたり。
娘は宮中で明るく過ごしていたようです。

年若い中宮彰子の人柄にも、次第にうたれて敬意を深めることに。
彰子が少女の頃、父の道長の権力を背景に鳴り物入りで入内したときには、肝心の天皇は中宮定子のほうを深く愛していました。
何年も子が生まれない屈辱的な立場のままで、穏やかに暮らしてきた中宮彰子だったのです。

作者は専門家なので、細かく正確に、しかも熱っぽく描かれていると感じます。
真面目でプライドが高くこだわりの強い紫式部像は、あまり付き合いやすくはなさそうだけど、いかにもそんな人だった感じですね!

« 縦ロールに白いドレスのリリィ | トップページ | 5月の庭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/59552646

この記事へのトラックバック一覧です: 「私が源氏物語を書いたわけ」:

« 縦ロールに白いドレスのリリィ | トップページ | 5月の庭 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック