フォト

おすすめ本

« ロングドレスのバービーさん | トップページ | まぁるい猫の絵描きうた »

「昨夜のカレー、明日のパン」

木皿泉「昨夜のカレー、明日のパン」河出書房新社

二人暮らしの家族をめぐる淡々とした作品。
素直に心に染み入ってくるようなテンポと内容です。

ギフ(義父)と二人で暮らすテツコ。
夫の一樹は、結婚2年で25歳の若さで亡くなっています。
あまりに早い別れを受け入れかねたまま、一樹と結婚したという事実を軸に、穏やかな暮らしを重ねる日々。
それが7年にもなるのですが‥
テツコには付き合っている男性も出来たのですが、結婚は考えられない。

一家の隣人には、元客室乗務員の若い女性もいます。
笑えなくなってしまって退職したのです。
その彼女が‥?
かと思えば、テツコの交際相手は、たまたま出会った子にお金を騙し取られそうになり‥?

一樹の従弟など、視点を変えつつ、一樹をめぐって思わぬ話が展開します。
ドラマチックというのではないけど、ささやかでユーモラスで、ちょっとだけ苦くて、きらっと心に残るような。
一樹の母・夕子ももう亡くなっています。
穏やかなギフは暮らしやすい相手なのですが、彼も完璧な人間というわけじゃなかったんですね。
夕子の視点、一樹の視点からの話も含めた、短編連作のような形。
こういうの、好きです。

軽くなりすぎず重くなりすぎない現実味と、はかなさ、切なさ。
人が関わり合い思い合い、完璧ではない道行きをふと寄り添わせていく‥
悲しみを抱えつつ、しだいに解けてゆく心。
最後に持ってこられた出会いのすがすがしさが印象に残ります。
ほっとするような温かみがありました。

« ロングドレスのバービーさん | トップページ | まぁるい猫の絵描きうた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/59782328

この記事へのトラックバック一覧です: 「昨夜のカレー、明日のパン」:

« ロングドレスのバービーさん | トップページ | まぁるい猫の絵描きうた »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック