フォト

おすすめ本

« 黒系花柄ボンネットの美少女 | トップページ | タルトとガトーショコラ »

「昭和の犬」

姫野カオルコ「昭和の犬」幻冬舎

直木賞受賞作。

滋賀県で育ち、暗い家庭から脱出するように東京の大学に入った柏木イクという女性の50歳前までの話。
自伝的小説です。

父親は突然、理不尽に「割れた」ような怒り方をする。シベリア抑留が長く、悲惨な体験をしたのでしょう。
そんな夫に絶望している母親もどこか壊れていました。
イクは幼い頃はあちこちに預けられ、教会の託児所から移った初めての我が家は、仮設事務所だったので安く借りられたもの。
山中に一軒だけ建つ、「ララミー牧場」の家のようだと思うのでした。
家には迷い込んだトンという黒い犬と、シャアという猫がいました。
シャアは人懐こく優しい気立てだったので、イクは犬と猫の性質を逆に感じて育ちます。

身近にはいつも犬がいました。
ただし、当時は犬を飼うといっても、繋ぐことさえするとは限らず、名前をつけて餌をやれば飼っているという。餌も残飯を与えるだけ。 父親は犬に言うことを聞かせることが出来て、それは初めて会うドーベルマンですらそうだったのです。 (犬が主人と認めるような権威を発散していたのでしょうね)

そんな父のやり方を見ていたせいで、犬の扱いが上手いイク。
何のとりえもないと感じていましたが、学生時代に貸間を転々として住んでいるときに大家の飼っている犬の世話をしたり、何かと関わっていました。
就職して住んだ家の大家の初音清香はお嬢ちゃまがおばちゃまになったような女性で、白い小型犬(ビションフリーゼ)のベルに洋服を着せて室内で飼っていたのです。
そういう犬を初めて見たイクは違和感を覚える。 まだ珍しい時代だったんですね。
だんだん懐かれると、かわいくなってくるのですが。

イクが35のときに父はなくなり、その後5年間は人が変わったように母は明るくなりました。 だがその後は病気になり、人が変わったのも病気ゆえの変調だったのかと思われました。
両親がやや高齢だったので介護で往復するのも早い時期からあり、下宿先の初音家に病人がいたせいもあってか、どこか暗い印象を持たれるイク。
子供の頃飼っていた犬ペーにそっくりなマロンという犬に出会います。 思わずすぐに手を出して撫でたら、犬のほうもふしぎと嫌がらない。
連れていた老人が散歩で通りかかる時間を見計らい、10分ほど犬と遊ぶ時間を過ごすことになります。

ある日、ふとこれまでを振り返り、特別でない日々を送ってきた自分が幸せだったと感じます。
父を苦しめた戦争を経験することもなく、平凡に生きてこられた。
そこに犬がいたせいで、父も母も癒されたことがあったのだろうと。
ラストで幸福感が溢れるようになるとは、これまでの淡々として苦味のある描写からは予測していませんでした!

親を見送った後の感慨というのは、実感としておおいに理解できます。
作者とは世代が近く、テレビ番組はわかる方が多いし、犬の飼い方の変化もまさしく!かなり知っています。
作者に比べると生まれたところが都市部なので状況も違い、ずっとのほほんとした育ちなので、申しわけないぐらい幸せに感じますが(違う苦労はあるにしても)。

「ハルカ・エイティ」と「リアル・シンデレラ」を前に読んでいます。
どちらも直木賞候補作で、女性の半生記という点は共通。 自伝ではないためか、この作品よりも優しい穏やかな筆致でした。
作品リストを見ると、もっと挑発的で強烈なタイトルが多いのですが、そうでないのを読んだようです。
この作品はやや離れた視点から幼い日のことを眺めていて、その冷静さがいいですね。
感情移入したい人には、あるいはややとっつきにくいのかも知れませんが。
感情がないかのように生きているイクに、実は大きく感情が動いていることが端々に見受けられるのが、読んでいて胸の詰まるところです。
犬のことをべったりと書いてはいないのが、犬を飼ったことのない人には入りやすいのか?わかりやすいのかどうなのか。
猫も犬もべたべた可愛がって育ててきた自分だったら、嫌いな人には付いてこれないぐらい甘い話を書きそうです(笑)

« 黒系花柄ボンネットの美少女 | トップページ | タルトとガトーショコラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/59552532

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の犬」:

« 黒系花柄ボンネットの美少女 | トップページ | タルトとガトーショコラ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック