フォト

おすすめ本

« お誕生日会の焼肉セット | トップページ | ナチュラル服の砂の雫さん »

「緑衣の女」

アーナルデュル・インドリダソン「緑衣の女」東京創元社

評価の高いアイスランドのミステリ。
ある女性の過去の人生がさしはさまれ、捜査官エーレンデュルの人生にもある転機が訪れます。
印象深い作品です。

首都レイキャビクの郊外にある住宅建設地で、古い骨が発見されました。
現場近くにはかって古いサマーハウスがあり、第二次世界大戦の終わる頃には、イギリスやアメリカの軍人が住むバラックもあったという。
捜査に当たるエーレンデュルらは、緑色の服を着た女性がたびたびその地に現れたという話を聞きます。
一体、何者なのか‥?

若い女性と幼い子供が夫に虐待される悲痛な現実が、挿入されていきます。
それが、どこでどう事件と関わっていくのか‥?
あまり酷いので目を覆うばかりですが、作者が家庭内暴力を甘く見られがちなことに義憤を感じ、問題を明らかにしたかったようです。
暴力で命の危険にも晒されて、被害者は判断力を失ってしまう。拒否すればいいとか、家を出ればいいということで済むような問題ではないのだと。

エーレンデュル自身の幼い頃の悲劇と苦悩も明らかに。
若くして離婚、妻にはいまだに恨まれています。
そのいきさつと、音信普通だった間に壊れてしまった子供達の問題も。
娘エヴァ=リンドは妊娠していて、薬を減らそうと努力していましたが、家を飛び出します。必死に探す父親エーレンデュル。エヴァ=リンドは危機に陥りますが‥
絶望的に見えた状況に、奇跡が‥!
一筋の希望がともります。

この作品で、北欧ミステリの賞「ガラスの鍵」賞を連続受賞したばかりか、CWA賞ゴールドダガー賞も受賞しています。
邦訳2冊目ですが、シリーズとしてはもっと前から書き継がれているので、ずっと読んできた読者の感動はさぞかしと思わせます。

« お誕生日会の焼肉セット | トップページ | ナチュラル服の砂の雫さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/59552434

この記事へのトラックバック一覧です: 「緑衣の女」:

« お誕生日会の焼肉セット | トップページ | ナチュラル服の砂の雫さん »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック