フォト

おすすめ本

« 魔女っ子服のネルラ | トップページ | 不動尊の桜たち »

「アーサー王の墓所の夢」

アリアナ・フランクリン「アーサー王の墓所の夢」創元推理文庫

12世紀の女医アデリアの活躍を描く歴史ミステリ。
3冊目。
いよいよ面白いです。

前作から4年。
アデリアは幼い娘のアリーとその子守となったギルサ、子供の頃からの用心棒でサラセン人のマンスールと共に、村に落ち着いていました。
ところが医療で人気を得たのをねたまれ、宗教裁判所に狙われたと知って、急ぎ移転することに。
その途中、友人エマが、幼い息子と一緒に、亡き夫から受け継いだ領地へ向かうのに一緒になります。イタリア生まれで、当時のヨーロッパでは最先端の教育を受けた検視医アデリア。

アデリアの目から見ると、女性の医者など魔女として焼き殺されかねないイングランドは野蛮な地。
ヘンリー王は領土を拡大して法制も改革した英明な王だが、難題も抱えています。
折りしも、グラストンベリーの大修道院は、大火でほとんど町ごと消滅していました。
アデリアはヘンリー王の要請で、大修道院墓地で発掘された骨を鑑定することに。
あのアーサー王と妃グウィネヴィアの骨かもしれないという‥
眠れるアーサー王がいつか甦るという伝説は、ウェールズで起きるヘンリーへの反乱の旗印ともなっていたのです。

難しい鑑定に直面するアデリア。
しかも友人エマは行方不明になり、さらに修道院では事件が起きます。
当時の事情がありありとわかるように書き込まれ、村人も個性ゆたかです。
そこへ司教ロウリーが乗り込んできて、アデリアと再会。
妻帯できない司教に任命されてしまったため、別れた二人でしたが、本音は‥
活発で理性的だが内心は揺れ動くアデリアが、いきいきしていて、いいですね。
スリリングな展開。

CWA賞(英国犯罪小説作家賞)の最優秀歴史ミステリ賞を受賞した魅惑的なシリーズ。
次の4冊目も楽しみ!そこで完結してしまうのが残念。

« 魔女っ子服のネルラ | トップページ | 不動尊の桜たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/59252826

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーサー王の墓所の夢」:

« 魔女っ子服のネルラ | トップページ | 不動尊の桜たち »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック