フォト

おすすめ本

« ピンクのレーススカートのミルクティーさん | トップページ | 夜は一緒に »

「終わらない歌」

宮下奈都「終わらない歌」実業之日本社

「よろこびの歌」の続編。
高校生だった彼女らが20歳に。
抱える葛藤はリアルで、みずみずしい。

御木元玲は、ヴァイオリニストの母を持ち、高校の頃から歌では群を抜く才能を示していました。
といっても高校は、音大付属の受験に失敗したので普通高校に通っていたのですが。
今度は順当に音大の声楽科の学生となりましたが、優秀な人が集まったクラスでは七番手ぐらいと自覚し、これでどうなるのかと自信を失っています。

同級生の原千夏は進学せず、ミュージカル女優を目指して小さな劇団に所属しています。オーディションに落ち続けて、尊敬する人に「育ちがよすぎる」と指摘されるのでした。
その意味は?

肩を壊しているためトレーナーの勉強を始めた中溝早希。
家を出て遠くの町で働き始めた東条あや。
2年B組で「麗しのマドンナ」をともに歌った仲間達。
それぞれの事情を抱え、内心の不安を抑えつつ、一歩ずつ進んでいく‥

千夏が、同期で優秀な七緒と共に、主役で劇団の舞台に立てることになりました。
もう一人歌が上手い子がほしいと主催者に言われた千夏は、玲と一緒に歌いたいと望むのです。
演技経験のない自分がまさかと思った玲でしたが、いきなりのオーディションで存在感のある歌の魅力を認められて、レッスンが始まります。
そして‥?

悩みは、十分ありうるものばかり。
それぞれに出会いがあり、経験の広がりがあります。
クライマックスはこうでなくちゃという嬉しさ。
丁寧に描かれた成長ぶりに心あたたまり、励まされました。

« ピンクのレーススカートのミルクティーさん | トップページ | 夜は一緒に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58961265

この記事へのトラックバック一覧です: 「終わらない歌」:

« ピンクのレーススカートのミルクティーさん | トップページ | 夜は一緒に »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック