フォト

おすすめ本

« ピンク&ピンクなmomokoたち | トップページ | 桜餅と草の春 »

「旅猫リポート」

有川浩「旅猫リポート」文藝春秋

とても良かった!
有川さんの作品は、有川さんらしいなあとか、こういうところ上手いんだよなと思いながら読むことが多いんですけど、この作品は作者が誰か途中で忘れていました。

別れを経験したすべての人に。
別れを心配しているすべての人に。
心温まる物語です。

ある事情で猫が飼えなくなり、宮脇悟は猫のナナを連れ、銀色のワゴンに乗って、旅に出ます。
飼ってもいいという幼馴染の友人たちを訪ねて。
ナナは牡猫で、しっぽが数字の7のように曲がっているのです。
ナナの視点からの話が自然で、サトルとの出会い、5年間の暮らしが楽しげに、そして秘密を抱えたサトルの気持ちもお見通しだったり。
何とも猫らしくて、賢くて、いきいきしています。

サトルが小学生のとき、スイミングスクールの友達だったコースケ。
一緒に拾った猫を飼うのを親に反対されて、大騒動になった経験がありました。

中学のときの友達の吉峯。
高校のときの友達のスギとチカコ。
そして叔母のノリコのもとへの最後の旅。
転校が多かったサトルには、各地に大事な友達がいました。
どこかすっきりしない感情を抱えていた友達にも、再会でまた心動くものが。
サトルはあまりにもいい子なんだけど‥

叔母のノリコが口下手なのも、何だかそれらしい。
北海道でのナナの思いがけない行動に、もう‥
生い茂る草葉が波打つように、雪原にも日差しは降り注ぐように。
愛溢れる結びつきは、ある限界をも超えていくのですね‥
猫とのつながりを実感している人には、もちろんのこと。
哀しみがとけていくように暖かく広がる感覚は、多くの人に読んでもらいたい。
何かあったときにはもう一度、読みたいと思わせます。

« ピンク&ピンクなmomokoたち | トップページ | 桜餅と草の春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58961903

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅猫リポート」:

« ピンク&ピンクなmomokoたち | トップページ | 桜餅と草の春 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック