フォト

おすすめ本

« おてんばmomokoの袴スタイル | トップページ | はかまスタイルのマリーナさん »

「ジューンブライドはてんてこまい」

クリスタ・デイヴィス「ジューンブライドはてんてこまい」東京創元社

家事アドヴァイザーの事件簿シリーズ2作目。
最近のコージーでは、かなり面白いほう!
ソフィとナターシャの対照的なアドヴァイスも、相変わらず面白いです。

ソフィは最近、妹ハンナの結婚式の準備にかかりきり。
文字通りのてんてこまい。
ハンナの結婚は3度目なのですが、今度の相手クレイグがあまり気に入らないソフィは反感を抑えようとしていました。
ソフィの本業は、イベントプランナーで家事アドヴァイザー。
子供の頃からのライヴァルであるナターシャが人気のある家事アドヴァイザーで、今度の結婚式のやり方にも何かと横槍を入れてきます。

ナーヴァスになっている花嫁ハンナは、新郎クレイグとけんかになるし。
家族とは不仲なので結婚式に招かないというクレイグだったが、突然父親らが登場。
ところがクレイグの知人だといっていた女性が殺され‥?
結婚式が中止になりそうなのを喜ぶべきなのかどうか悩むソフィ。
招待客が泊まる手配や観光案内をセットするなど、サービス満点な準備がしてあったのです。

きびきび働いて常識あるソフィは、感じがいい。
高級志向で強引なナターシャのやり方は対照的で笑えます。ソフィに対してはあんまりなのだけど、その理由は周りにもバレてくる面もあり、どこか憎みきれない描き方になってます。
わがままな妹も、しまいには姉のソフィにそれを認めたりね。
ソフィと前夫マースとの友達になってしまったような間柄や、恋人になりそうでならないウルフ・フライシュマン刑事との関係も、大騒動の中でのんびりと展開。
誤解も解けて、さあ次は?と期待させます。

« おてんばmomokoの袴スタイル | トップページ | はかまスタイルのマリーナさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58958246

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジューンブライドはてんてこまい」:

« おてんばmomokoの袴スタイル | トップページ | はかまスタイルのマリーナさん »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック