フォト

おすすめ本

« ソチ・オリンピック フィギュアスケート 女子SP | トップページ | ソチ 女子シングル フリー結果 »

「竜との舞踏 1」

ジョージ・R・R・マーティン「竜との舞踏1 (氷と炎の歌5)」早川書房

アメリカでは大人気でドラマ化も評判になっているシリーズ「氷と炎の歌」その第5部です。
ドラマチックな歴史物のような異世界ファンタジーで、シリーズ全体としては★5つの作品です。
きらきらと個性的な登場人物が波乱の運命に投げ込まれ、せめぎあう様子がいきいきと描かれています。
読み応えのある長編がお好きな方はぜひ。

「竜との舞踏」というのは、このシリーズにしてはシンプルな題ですね。
これまでが
「七王国の玉座」
「王狼たちの戦旗」
「剣嵐の大地」
「乱鴉の饗宴 」ですからね♪

第5部が3分冊になる1冊目。
という状態なので~登場人物の運命はこれ一作だけ読んでも何ともいいがたいところが‥
4作目の「乱鴉の饗宴」ではごひいきキャラのデナーリス、ジョン、ティリオンが3人とも出てこなくて、大不満でしたから、今回はデナーリス表紙なのが嬉しい。
楽しみにしていました。
以下、ややネタばれ↓

デナーリスはミーリーンの女王として奴隷を解放し、闘技場での殺し合いも禁止。
だが抵抗勢力は根強く、解放奴隷が狙われて暗殺される事態に。
政権を安定させるために良い夫を選ぶようまわりにも勧められ、自薦他薦の夫候補が群がってくる。
デナーリスが孵化させた3頭の竜は大きく育ち、次第に制御が難しくなって来ていた‥

タイウィン公を殺して飛び出したティリオン。
美貌を誇るラニスター家にあって、矮小な体躯で生まれ小鬼と疎まれながらも、知力を尽くして働いてきた男。
今や徒手空拳の身だが援助者を得て、身を潜めてデナーリスの元へ向かおうとしている。
七王国の先の王ターガリエン家の遺児であるデナーリスの軍師となるために。

スターク家の庶子ジョン・スノウは、黒の城でナイツウォッチの総帥となっている。
ロバート王の弟スタニス・バラシオンが軍を率いて滞在、何かと頭の痛い存在になっていた。
北の壁の危機を信じて行動してくれた人物ではあるが、王の座を狙うには戦況はかなり不利なのだ。
亡きロバート王のまだ幼い息子トメンが今の王で、太后サーセイが実権を握っているが‥

ジョンの異母弟のブラン・スタークは、不自由な身体だが生き延びて、大男ホーダーの肩に乗って移動している。
北の王だったスターク家は一家散り散りですが、何人かは生きているんですよね~!

4作目で翻訳者が交代し、大幅に登場人物の名前などを変更するという事件があったのです。
カタカナにもイメージがあるのに。
馴染んできた読者にとってはショックなことでした。
批判を受けて説明を加え、少し戻したり?したため、ものによってはいっとき3種類の訳語があったんじゃないですか。
文庫も最初から「乱鴉」まで改訂版で出しなおしたようです。
今度の翻訳自体がまずいとは言いませんが‥
前の名前と両方が思い浮かぶのがツライ。

原作が長々しくなっているのと、中世的な戦国状態でしんどいシーンが多いという読み難さがあるため、最初の頃ほど熱意を持っておすすめ出来なくなってしまったのが残念。
キャラは立っているんですけどねえ。
冒険物ファンタジーがお好きな方~今後、竜や、壁の向こうの存在が迫ってくるので、その要素は強くなってくるはずです。
これから文庫で読む人のほうが混乱がなくて~いっそ幸運かも!

« ソチ・オリンピック フィギュアスケート 女子SP | トップページ | ソチ 女子シングル フリー結果 »

コメント

早く話が進んで欲しい~~!!
登場人物が増えるから仕方ないんですが、遅々として進みませんね。
きっと、デナーリスが竜をつれて帰還するんだろうなと思うのですが、いったいいつになるんでしょう…
ティリオンと一緒に古都に観光旅行しているようなおもしろさはありましたね。彼が食べるご馳走と食べ物に乏しい壁と雪に閉ざされる北の対比があざやかでした。

marieさん、
まったくです!
あっちこっちに話が飛ぶので、一人の運命はちょっとしか進まないんですよね。
もう先が知りたくて、きいぃ~~~^^;
実は2を読み終わったばかり。竜がいっこも出て来なかった‥
いまさらながら「乱鴉の饗宴」をよく覚えてないみたいなので、読み返していてもいいんですが‥
ティリオンだって彼なりに苦労してるんですが、他の絶望的な状況に比べると、食べ物はあるし!しぶとく生き抜けそうですよね?
いや北は大変そう‥

毎日、すんごい音で屋根から雪が落ちていて、猫がビックリして飛び起きて陰に隠れるんですよ。通りには1メートルの山が続いてるし、まるで雪国のよう。
電動雪かき買おうかしら‥?!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58958598

この記事へのトラックバック一覧です: 「竜との舞踏 1」:

« ソチ・オリンピック フィギュアスケート 女子SP | トップページ | ソチ 女子シングル フリー結果 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック