フォト

おすすめ本

« ババロアとバナナシフォンケーキ | トップページ | ナチュラル服のムーンストーンさん »

「白雪姫には死んでもらう」

ネレ・ノイハウス「白雪姫には死んでもらう」創元推理文庫

刑事オリヴァー&ピアのシリーズ、翻訳紹介2作目。
ドイツで人気の警察小説です。

11年前の少女失踪事件の犯人トビアスが刑期を勤めあげて出所。
故郷に帰ったトビアスは、両親が離婚、店は寂れて父は弱みに付け込まれて財産を奪われたという悲惨な有様を知ることに。
事件当時、トビアスは無罪を主張したのですが、泥酔していて記憶がない時間帯もあり、状況証拠で有罪となっていました。
張り合う美少女二人が殺されたらしい‥?
トビアスの帰郷を憤る被害者の親たちは敵意をあらわにします。
遠くに住むトビアスの母親まで、歩道橋から突き落とされてしまう。

半年前から村に住み始めた高校生アメリーは、鼻ピアスをしたパンクなスタイルで村人からは浮いていました。トビアスに好感を抱き、事情を探り始めます。
普通の格好をすると、じつは行方不明の少女にそっくりなアメリー。
村を支配する企業家の息子ティースは自閉症だが、アメリーには心を開いていました。
最初はいかれた子みたいだったこのアメリーが爽やかで、救いになっています。

オリヴァー・フォン・ボーデンシュタイン主席警部と部下のピア・キルヒホフ警部は村で聞き込みを始め、冤罪の可能性を感じます。
前作では申し分のない幸せな家庭を築いていたようだったオリヴァーが1年4ヵ月後に一転、妻を疑うようになり、人生最大の危機?!
捜査にも熱が入らないが、転機を迎えることに。
ピアにも難題が起きていますが‥

村の閉鎖性がなかなか怖くてリアル。
それぞれに濃い事情のある登場人物たちの入り組んだ行動が書き込まれて、ドラマチックな仕上がりです。
物騒なタイトルに最初は引いたけど~それだけの読みではある内容。
オリヴァーの変化は意外でしたが、3作目4作目を読んだことになるので、1~2作目を読んでいたらそうでもないのかどうか?
盛りだくさんなのが好みなら★五つの出来だと思います。

« ババロアとバナナシフォンケーキ | トップページ | ナチュラル服のムーンストーンさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58598784

この記事へのトラックバック一覧です: 「白雪姫には死んでもらう」:

« ババロアとバナナシフォンケーキ | トップページ | ナチュラル服のムーンストーンさん »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック