フォト

おすすめ本

« 鮭飯と松茸そば | トップページ | 薄ピンクの振袖のおてんばさん »

「むかし・あけぼの―小説枕草子」

田辺聖子「むかし・あけぼの―小説枕草子」角川文庫

清少納言の生涯を描いた傑作。
なめらかで自然な文章で、すっかり引き込まれました。

歌人として評価されていた家系で、清原元輔の娘。
本名は不明だけど、この作品では海松子(みるこ)。
父親っ子で、当時の女性としてはレベルの高い教育を受けていました。

橘則光と結婚。
この作品では、他の妻が産んだ子供を育てることになっています。
(当時は複数の女性との関係は普通で、正妻は一番身分の高い女性になる)
なさぬ仲の子を育てるのは史実ではなく、作者自身の経験に引き寄せたもののよう。
ただ当時のことは正確な資料が残っていないので、絶対になかったとも言いきれないですね。

10年則光に捧げたから、この後の10年は自分のために使いたいと宣言し、則光がそれを受け入れることに。
田辺聖子さん自身は結婚前から作家だから、そんなにきっぱり分かれる人生ではなかったろうと思いますが、清少納言の場合は‥と思い巡らせたのでしょうか。

武骨で風流を解さない夫とは合わない部分もありましたが、宮中に上がっても意外に縁は続くことになるのです。
則光は何かと心にかけ、清少納言がほめられると嬉しかったと伝えに来るのでした。
離婚したのではないのかとからかう周囲に、則光は兄妹のようなものなのだと答え、それが通るように。古い表現では妹背というと夫婦になるから、微妙なところ?

宮中で中宮定子に女房として仕えることとなり、美しい盛りで教養があり朗らかな定子に魅了され、自身もお気に入りとなって楽しい生活を送ります。
定子の実母は藤原家の正妻になるにしては身分は普通な受領階級の出でしたが、個人的に教養が名高かったため、気さくで知的なのは育ち方だったようだと。
定子の一家を見守る描写、いわば敵方である道長の人物を冷静に認めるあたりも。
とっさに機転が利く性格の清少納言は、貴族の男性とも丁々発止とやり取りがあり、恋愛もいくらかはあったよう。
時には誤解されつつも、水を得た魚のようにいきいきと宮廷生活を泳いでいきます。

定子の実家が没落し、道長の世になっていくので、辛そうですが‥?
「枕草子」はそんな状況の定子を慰めたい気持ちもあって書き続けられたもの。
主従のつながり、一途な思いは感動的。
臨場感に溢れ、喜怒哀楽がすなおに染み込んで来る内容です。

995年、定子の父・道隆が亡くなり、その弟の道長が跡を継いだことで、定子たちの運命には翳りが見え始めます。
1年後、定子の兄・伊周と弟・隆家が花山院との間に起こした事件で、流罪に。
二人は都を離れるのを嫌がって隠れたりと、無様な態度をさらすことに。
二人の沙汰が決まるまでの皆が固唾を呑む様子。そして清少納言の元には交流のある男性たちから、しばらく離れていたほうが良いという忠告が再三なされます。
定子の母も病の床に付き、定子は身重になったのに、有力な貴族は道長を畏れて誰も宿下がりを引き受けず、狭い家に移動することに。

当時は天皇の妻が何人もいても、何かと宿下がりをするので、同時に同じ建物の中にいることはあまりなかったのですね。
一条天皇が10代の頃から仲むつまじく、何年も寵愛を独占した定子。
他に妃が入った後も、二人の仲はゆるぎないものでした。
兄弟が流罪になった時に定子が髪を下ろそうとした事件は、世間に広まるというか道長らが広めたふうですが、天皇がこれを取り消します。
兄弟もじきに恩赦で都には戻りますが、無官の身で出世からは外れたままでした。

それでも定子を中心にした部屋の中では、皆がなごやかに機知に富んだ会話を繰り広げて、笑いに溢れていました。
清少納言は定子を慰め、定子や交流のあった人々の素晴らしさを後世に伝えるために、少しずつ「春はあけぼの草子」を書き綴っていくのです。

清少納言は別れた後も何となくよりが戻っている夫の則光と、ついに別れることになります。
無骨だけれど人がいい則光から見て、伊周らは主君の後ろ盾として頼むに足りないので、見かねて忠告しても清少納言のほうは聞く耳を持たない。
定子を見捨てることなど出来ようはずもないので、実はストレスが溜まっているから苛立ちが募ったのでしょう。
藤原棟世という大人の男性と再婚し、おだやかな幸せを味わうことに。のちに任地の摂津に下ります。
この作品では二人の間の娘(後の小馬命婦)は、棟世の連れ子ということになっています。

999年、定子が入内9年後に皇子を産むとき、道長の娘・彰子が(まだ少女だけど)いよいよ入内してきます。
紫式部は定子の死後に彰子のもとへ出仕したので、宮中でじかにライバル対決はありませんでした。
紫式部の作品が次第に流通する様子、モデルになったかと思われる実際の事件がちらほら出てきたり、興味深い。

後になってですが、式部が清少納言のことをわるく書いていたのも知ります。
あれほどの長い作品を書き上げるタイプの人間は、こういうふうに暗いものを溜めているのだと思う清少納言でした。
清少納言のイメージが江戸時代に悪くなった原因の一つらしいですが‥
ここまで書くと、書いてる紫式部のほうの性格が悪い印象になるけどな?
式部も相当なストレスに晒されたのは、想像に難くないです。

田辺聖子さんの筆は、さりげない文章でややこしいことをわかりやすく、実にこまやかにありありと描き出していますね。
愛情と共感にみたされている作品を読むことができて幸福です!

« 鮭飯と松茸そば | トップページ | 薄ピンクの振袖のおてんばさん »

コメント

読んだはずなんですが……
あれれ?文庫の表紙は思い出せるのに、内容が思い出せません~

中宮定子にお仕えして生き生きと働いている清少納言の姿は、働く女性の鏡ですねえ。ああいうふうにステキな殿方と会えるのも女房ならでは。
紫式部が悪口を書いてるのもおもしろいですね。目立つ言動を好んでしていれば、周囲からそう思われるのも当たり前なんだけど~

marieさん、
面白かったですよね!
‥あれっ、思い出せません?
他の作品と内容だぶるからでしょうか。
天職を得て水を得た魚のような清少納言はいきいきしてますね。
ステキな殿方と出会える仕事って、歴史上そうないのでは‥
紫式部が出仕した頃には、清少納言は既に敗者側だし、宮中にもいないんですよね。
紫式部があそこまで悪く言った理由は、誰かに比較されて相当傷つけられたからだろうなと思います~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58506120

この記事へのトラックバック一覧です: 「むかし・あけぼの―小説枕草子」:

« 鮭飯と松茸そば | トップページ | 薄ピンクの振袖のおてんばさん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック