フォト

おすすめ本

« 赤系チェックシャツのナチュラルさん | トップページ | 赤チェックシャツにコートのmomoko »

「64」

横山秀夫「64」文藝春秋

警察小説の傑作。
D県警シリーズのひとつということですが、初めて登場する主人公。
14年前の誘拐事件と現在の事件が交錯します。

64とは、昭和64に起きた未解決誘拐事件の符丁。
64年ってたった7日しかなかったんですね‥

三上義信は、D県警の警務課の広報官。
もとは刑事畑の出ですが、警務課に回されたのは二度目で、微妙な葛藤を抱えていました。
捜査に携わる現場の刑事にとって、警務課とはスパイのようなもので、互いに押し引きをして張り合っていたのです。
警察内部の人間関係。信頼できる人もいないではないけど、何かと足の引っ張り合いがあり、そのへんがたっぷりと書き込まれていて、こんなことを考えながらやっているのかと驚くほど。

鬼瓦のような顔をしている三上の内心は悲痛でした。
娘のあゆみが家出して行方が知れず、妻の美那子は電話にかじりついて離れない。
家出して2ヵ月後に無言電話が3回あり、あゆみからと信じて疑わずに待ち続けているのです。
三上は娘の捜索を全国手配してもらったため、上司に逆らえない立場になっていました。

64の事件も時効まであと1年。
被害者家族の雨宮に、警察庁長官が弔問に訪れたいという申し出をしますが、きっぱり断られてしまう。
警察に不信を抱いている様子に驚いて、事情を探り始めます。
担当者との間に何かあったのか?
辞めた警官がいることを知った三上は‥

警務課では、マスコミ対応も頭の痛いところ。
上司の指示通りにある事件の加害者の実名を発表しなかったところ、記者たちの反発にあい、揉めに揉めて公式に抗議されてしまう。
このときの葛藤も凄いけど、三上が決断してからが潔くて、カッコいい!
自分の立ち位置を確認し、腹が据わったのですね。

絡み合う過去と現在。
予想外な展開で、読み応えがありました!
不器用で迷いと苦しみばかりだった三上も、真剣に向かい合ううちに良いところが出てきて、一皮剥けていくよう。
思いつめていた美那子も、それなりに心の落ち着きどころを見出していきます。

「半落ち」と「臨場」を読んでいるのですが、風合いが違うので、読んでいる最中は同じ作家とはっきり気づきませんでした。
読んでいない「クライマーズ・ハイ」などのほうが通じるものがあるのかも‥
とはいえ、この作品がベストかもしれませんね。それぐらい迫力があります!
私の好みで言えば「臨場」かもだけど‥それは主役のせい♪

« 赤系チェックシャツのナチュラルさん | トップページ | 赤チェックシャツにコートのmomoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58598757

この記事へのトラックバック一覧です: 「64」:

« 赤系チェックシャツのナチュラルさん | トップページ | 赤チェックシャツにコートのmomoko »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック