フォト

おすすめ本

« 忘年会のプレゼント | トップページ | 「黄昏に眠る秋」 »

「運と幸せがどんどん集まる「願いこと手帖」の作り方」

ももせいずみ「運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方」主婦の友社

ブクログ仲間さんで好評のようなので、読みました。
お気に入りの手帳とボールペンを用意して、願い事を書き込む。
それだけで願いがかなっていく!という。

いぜん本屋で見かけた類似書のように、悪くはないけど単純な内容かなと思ったんですが。
これがけっこう、いい感じなんですよ。
クリスマスっぽい小説のご紹介をアップしようかと探していたんだけど、これもいいかな、と。

友達が実践していることを作者が試してみたら、次々に願いがかなったというのです。
ただし書き方にはコツがあって、目標やtodo(しなければならないこと)リストにはしないように。
しなくちゃならないことは既にいくらでもあるので、自分で増やしたりしない。
今の自分に満足しないで上を目指すというのではなくて~
こうなったら嬉しいなあということを思い描いて、いつか棚ぼたでかないますようにという~ゆるい気分で楽しく書く。
(このへん、気に入りました!)
大きいことも小さいことも区別しないで、思いつく限り書き出す。
何年計画にはしない(途中で出来ることやしたいことが変わってくるので)。
自分で限界を設けず、レベルを下げない。

書けば潜在意識の中に刷り込まれ、手帳をいったんしまっても、ことはそういう方向へ少しずつ動いていく。
世間や他人の目ではなく、自分の本音がどこにあるのか気づいていくことも大切なのでしょう。
小さな願望を書き込んで、それがかなっていることに気づいて、達成感と幸福感を積み重ねていくこと。
それがさらに運を呼び込む‥

色々と課題を抱えていると、もっと努力しなければと思ったり、否定的な言葉をつい重ねたり、不運を嘆いたりしがちなもの。
そういうことじゃなくて~!
というお話が、なかなか深いです。

心身ともにパワー不足で何かと問題に押しつぶされそうになっている今日この頃、さっそく手帳を買ってきましたよ。
そして、二つ三つはもうかないました!
まだ手帳を広げて見てチェックしてはいないんだけど‥
もう少し経ったら、どれぐらいかなっているか??楽しみにしています。

著者は生活コラムニストとして幅広く活躍中。
そういう仕事が広がっていった実体験に基づいているのですね。

久しぶりに何冊か自己啓発系の本を読んだんですが、これがその最初。
楽天的な気分になれて、スタートとしてよかったです。

« 忘年会のプレゼント | トップページ | 「黄昏に眠る秋」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「運と幸せがどんどん集まる「願いこと手帖」の作り方」:

« 忘年会のプレゼント | トップページ | 「黄昏に眠る秋」 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック