フォト

おすすめ本

« 「運と幸せがどんどん集まる「願いこと手帖」の作り方」 | トップページ | ベールの貴婦人‥?! »

「黄昏に眠る秋」

ヨハン・テオリン「黄昏に眠る秋」ハヤカワ・ミステリ文庫

スウェーデンの新鋭のデビュー作。
哀切という言葉が似合う傑作です。

20数年前、霧深いエーランド島の平原で、イェンスという5歳の男の子が行方不明になりました。
母のユリアは、立ち直れないまま。
少年の祖父イェルロフは元船長でしたが80歳を過ぎ、老人ホームに入っています。
その父からユリアに電話があり、イェンスが当時履いていたらしいサンダルが送りつけられてきたという。
今頃、誰が何のために‥?
あれ以来、ユリアは父と疎遠になり、父さんと呼ぶこともなくなっていました。
けれども父が気になっている手がかりを追って、二人は島で聞き込みを始めることに。
疑いをかけられた一人のニルス・カントは、事件当時既に死んでいるはずだった‥!?

エーランド島はスウェーデン南東のバルト海に浮かぶ島で、夏はリゾート地だが、通年暮らしている村人は少ない。
その地で、資産家のカント家の息子ニルスは甘やかされ、時折深刻な事件を起こしていました。
ニルスの人生が所々にはさまれ、鮮烈な印象です。荘重な悲劇を読むよう。
短絡的で凶暴ともいえる逃亡者なのに、母とは思いあうのも切ない。

老いた父イェルロフが不自由な身体で事態に立ち向かうのも読み応えがあり、ユリアの再生と父娘の心の通い合いに胸打たれます。
予想外の結末で、感心しました。
題材からベリンダ・バウアーの「ブラックランズ」や、アイスランドの作家アーナルデュル・インドリダソンの「湿地」を連想させる雰囲気ですが、この作品が一番いいんじゃないでしょうか。

作者は1963年生まれのジャーナリスト。
この作品からスタートした四部作は幼い頃から毎夏すごしていたエーランド島が舞台。
2007年、この作品でデビュー。
スウェーデン推理作家アカデミーの最優秀新人賞を受賞しただけでなく、イギリスのCWA賞の最優秀新人賞も外国作家で初の受賞。
次の作品では北欧四5ヵ国が対象の「ガラスの鍵賞」も受賞、CWAのインターナショナルダガー賞も受賞しています。

« 「運と幸せがどんどん集まる「願いこと手帖」の作り方」 | トップページ | ベールの貴婦人‥?! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58598662

この記事へのトラックバック一覧です: 「黄昏に眠る秋」:

« 「運と幸せがどんどん集まる「願いこと手帖」の作り方」 | トップページ | ベールの貴婦人‥?! »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック