フォト

おすすめ本

« 可愛いコートのバービー | トップページ | 渋谷で忘年会 »

「虚像の道化師 ガリレオ7」

東野圭吾「虚像の道化師 ガリレオ7」文藝春秋

ガリレオ・シリーズも、7作目になってましたか!
あっさりした書き方ですが、読む価値はある内容。
(あ、でも、初めての方は、この作品から読むべきではないです。「探偵ガリレオ」か、「容疑者Xの献身」からにしてください)

テレビで先に見てしまったので、話はするすると頭に入ります。
原作を先に読んだほうが~謎解きという点では面白いですよね。
ドラマとはちょっと違う部分が、興味深かったり。

「幻惑(まどわ)す」は、新興宗教の道場で起きた事件。
ビルの5階の窓から男が飛び出して転落死。誰も手を触れていない。教祖は自分が念を送ったためだと自首してきましたが‥
記者とカメラマンまでいた現場で、いったい何が?

「心聴(きこえ)る」は、突然暴れだした男は、何かを聴いていた?
取り押さえようとして刺された草薙刑事を、探偵ガリレオこと湯川教授は見舞います。
同じ会社で、次々に起こっていた怪事件の真相は‥

「偽装(よそお)う」は、山中のリゾートホテルに来ていた湯川。
近くの別荘で夫婦が殺されていたという報が入る。道が崩れて警察も来られない状態で、捜査に協力することに。
現場には、不自然な点が‥ ちょっと人情味もあり?

「演技(えんじ)る」は、劇団の演出家が殺されました。
関係者にはすべてアリバイが。
ドラマでは女優ならではの心理と存在感が、趣を添えていました。
湯川がアリバイを破る‥!

原作には、ガリレオがすごくハンサムという描写はないんですね。
内海刑事もあまり出てこないぐらいで、転任の話もなく、新任の小娘刑事は存在しません。草薙刑事だけでいいのか‥などと思ってしまったり。
ドラマでは小娘刑事がすごく喋っていたけど、あの役の設定はどうなのかしら‥ 嫌いじゃないけど、損な役だったような気もします。

ガリレオシリーズは、
『探偵ガリレオ』
『予知夢』
『容疑者Xの献身』
『ガリレオの苦悩』
『聖女の救済』
『真夏の方程式』
『虚像の道化師 ガリレオ7』
『禁断の魔術 ガリレオ8』

« 可愛いコートのバービー | トップページ | 渋谷で忘年会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58452610

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚像の道化師 ガリレオ7」:

« 可愛いコートのバービー | トップページ | 渋谷で忘年会 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック