フォト

おすすめ本

« ベーシックスさんの冬スタイル | トップページ | 可愛いコートのバービー »

「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」

ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る(英国空中学園譚)」早川書房

ゲイル・キャリガーの新シリーズ1作目。
元気いっぱいの女の子がヒロイン。
アレクシア女史ものと同じ世界設定で、もっと前の時代。
おなじみのキャラの若い頃も出てきます。

ソフロニア・テミニックは、姉と兄弟がたくさんいる14歳。
木登りやメカが好きで、あまりのおてんばぶりを持て余され、花嫁学校(フィニシング・スクール)に入れられることになります。
姉の社交界デビューの舞踏会までに、少しでもましになるようにと。

ところがそこは、上流社会のマナーを学ぶだけでなく、情報収集や毒物や短剣の使い方などを教える学校。つまりはスパイ養成校のようなものだった!
しかも校舎は、宙に浮かぶ巨大な飛行船で、煤っ子と呼ばれる男の子達が、ボイラーに石炭をくべています。
メカアニマルの犬を手に入れたソフロニアは、餌の石炭を分けてもらうため、飛行船の外側を伝って下部まで降りていき、友達を作ります。

吸血鬼や人狼が共存する世界なんですが、ソフロニアはこれまで見たこともなかったのです。
教授陣に一人ずついて、ハンサムな人狼のナイオール大尉は人気者。
同級生には、人狼に育てられたという大柄な少女シドヒーグもいました。

ディミティという親友も出来て、にぎやかな学園生活が始まります。
応接間のような教室で繰り広げられる怪しげな授業が面白い。
事情があって落第して同級になったモニクは美人で優秀だが嫌味で、何か秘密を抱えていました。
飛行船を襲いに来る(海賊ならぬ)空賊が要求している「試作品」とは?
ディミティと一緒に、謎の品のありかを知ろうとするソフロニア。
持ち前の運動能力や機転を生かして、ソフロニアは活躍、次第に認められるようになっていくのです。

あのマダム・ルフォーがまだ子供で登場。
25年ほど前の1851年設定だそうです。
19世紀半ば、女性はコルセットをつけて、ふくらんだスカートを着ている時代、上品に悲鳴をあげたり、何かあれば失神したり。
科学も進歩し始めていますが、スチームパンクなこの世界では一味違う発明が!
メカ犬も愛嬌をふりまきます。
盛りだくさんで濃い~いきいきとした描写の学園もので、楽しみに出来るシリーズです♪

« ベーシックスさんの冬スタイル | トップページ | 可愛いコートのバービー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58405475

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」:

« ベーシックスさんの冬スタイル | トップページ | 可愛いコートのバービー »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック