フォト

おすすめ本

« 渋谷で忘年会 | トップページ | 急なことで »

「深い疵」

ネレ・ノイハウス「深い疵」創元推理文庫

ドイツで人気の警察小説の初紹介。
オリヴァーとピアの出てくるシリーズとしては3作目。
評価の高い作品からということのようです。

ホロコーストを生き延び、アメリカで大統領の顧問にまでなった92歳の老人ゴルトベルクが殺されました。
司法解剖で実はナチスの親衛隊員だったことがわかります。生き延びるために過去を偽っていたのです。
警察署長は政治に関わるまいと、オリヴァーに部下を帰すように命令。
(えっそんなことありうるの!?と驚いていると)
何と連邦上層部からも停止命令が来ます。
被害者家族には有力なコネがあるらしい。
老人の手帖に名前が残っていたヴェーラ・カルテンゼーは地元の名士で、聞き込みもすぐには出来ないのでした。

ホーフハイム警察の主席警部オリヴァーは、名字をフォン・ボーデンシュタインという貴族。
いつもきちんとした背広とネクタイという格好で、性格も穏やか、仕事を持つ妻との間に3人の子がいて、年の離れた末っ子はまだ赤ちゃん。
妻も貴族で、その関係から上流階級の捜査も進めていくことに。
(ドイツの貴族って?イメージなかったです)

部下の警部ピア・キルヒホフは2年前に離婚、10ヶ月前に今の恋人に出会いました。
元夫は気難しい性格で、よく我慢したと今になって思っています。
元夫ヘニングはフランクフルトの監察医で、司法解剖の第一人者、ピアの依頼ですぐに現場に来てくれたのですが。
オリヴァーとピアは二人とも感じはよく、事件関係者の不幸とは好対照な境遇。
ユーモアもあって楽しく読めますが~ある意味、幸せすぎて感情移入しにくいかも?というのが3作目から翻訳したための弱点ってところかな。

捜査本部も設けられないまま、オリヴァーらは困難な捜査を始めます。
老いても一家に君臨する女実業家ヴェーラ。
長男のエラルドは大学の教授で、若く見え今も女性に人気がありますが、母親とは不仲。
事業を継いでいる次男は、地味だが母親に尽くしています。
娘は、議員となっている野心家。

トーマスはヴェーラに長年仕えた秘書でしたが、放り出されて恨み、一計を案じています。
ヴェーラの旧友や一家の庶子、関係する人たちの間で、連続殺人事件の様相となっていきますが‥?!

次々に視点が変わる構成で、ややわざとらしいミスリードも含め、ヒントはちりばめられています。
ドイツ人の名前が覚えにくい点がなければ、重層的な構成はとても面白いんだけど。
ネレという作者名が女性とは気づかず、途中であれっもしかしてと思いました。
訳文はお見事で、登場人物の個性を生き生きととらえています。
後半でわかったことは、あまりにも深い疵だった‥
スリリングな終盤と、ずしっと来る読後感も含め、読み応えがある作品でした!

« 渋谷で忘年会 | トップページ | 急なことで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58506074

この記事へのトラックバック一覧です: 「深い疵」:

« 渋谷で忘年会 | トップページ | 急なことで »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック