フォト

おすすめ本

« 黒サロペットのシティさん | トップページ | うちの猫の顔 »

「夢違」

恩田陸「夢違」角川グループパブリッシング

これはホラー? ファンタジー? SF?
恩田陸作品にはお気に入りもあるんですが~ちょっと遠ざかっていました。
テーマが作風に合っていて、はっきりしない恐怖感がじわじわ漂う雰囲気は上手く書けている印象でした。

ドラマの「悪夢ちゃん」はけっこう見ていたんですが、原作とは思いませんでしたよ。
「獏」という機械が発明されていて、デジタル化した「夢札」によって夢を他の人の目にも可視化できるようになった、という設定は同じ。
予知夢を見る場合がある、というのも同じ。
後はぜんぜん別物で、原案というぐらいでしょうか。

夢を解析する夢判断を仕事としている野田浩章。
「夢札を引く」をいわれる事業は、日本では主に心療内科の治療として、海外ではインスピレーションや啓示を求める人々のアイデアの源泉などとして用いられるようになっていました。

浩章は、図書館で何年も前に亡くなったはずの古藤結衣子の姿を見かけ、幽霊かと思います。
兄の婚約者だった結衣子は、子供の頃から予知夢を見ることがあり、災厄を避けることが出来ればと何度かそれを公表していました。
マスコミの餌食になってしまい、しだいに兄とも上手くいかなくなったのです。
浩章はその頃、高校生でした。

小学校で子供達が奇妙な行動をとる事件が、各地で起きます。
子供達に何があったのか、浩章はその後数日の夢を解析する仕事に携わることに。
とても鮮明な夢を見る少女・早夜香の夢の中には、結衣子の面影が‥?

神隠し事件が起き、消えた子供達を捜して、解析も熱を帯びます。
結衣子が生きているのではと思い始めた浩章ですが‥?!
現地へ飛び、数人で子供らに会い、夢を解析し‥
不可思議な状況に直面する様子は盛り上がります。

結末はちょっと急な転調で、え?これハッピーエンド?
いや‥だって‥夢?異次元?それとも‥
この作者は結末ですっきり解決してしまうのが嫌いらしく、読み終わっても悩むようなのが好きらしい。
余韻を残すぐらいなら良いけど、途中ももやもやしているのが、ここでまた?!っていう。
これはホラーってことかなあ。
中盤はじゅうぶん楽しみ、読後感も極端に悪くはないんですけどね。

夢を可視化できたら‥
すばらしいアートを作れるのでは?と思ったことがあります。
思い描いたものをそのまま作品に出来たら、良いなあ!

« 黒サロペットのシティさん | トップページ | うちの猫の顔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/58095527

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢違」:

« 黒サロペットのシティさん | トップページ | うちの猫の顔 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック