フォト

おすすめ本

« 神戸屋のサンドイッチ | トップページ | スキニーパンツのナチュラルさんと »

「横断」

ディック・フランシス「横断」ハヤカワ・ミステリ文庫

ディック・フランシスのエンタテインメント「競馬ミステリ・シリーズ」
後期の充実した一作といえるでしょう。
ほどよく忘れかけているのに気づいて、読み返しました。

今回の主人公は、英国ジョッキー・クラブの保安員トー・ケルジイ。
まだ29歳のイギリス人ですが、18で財産を継いだと同時に天涯孤独となった大金持ちで、世界中を放浪し、馬に関係のある仕事を転々としてきた後に、スカウトされたのです。
競馬界を管理する権威ある組織に属する諜報部員のような存在。
もともとあまり目立たない外見で、少し変装するだけでまったく人に気づかれない特技を持つ。

イギリスで大きな不正を行ったと思われる危険人物フィルマーが、裁判では無罪となりました。
フィルマーがカナダの競馬界に食い込もうとしている様子で、企画旅行「大陸横断ミステリ競馬列車」に参加するとわかり、同じ列車に潜入することに。
豪華列車で馬主と競馬ファンがカナダを横断して、大きな競馬に参加しながら旅行を楽しむという企画なのです。
雄大なカナダの風景がいかにも綺麗そうで、見てみたくなります。

この旅行はミステリ・ツアーでもあって、俳優が乗客に混じって乗り込み、みんなの前で事件を演じてみせるという催しも。
当初は馬主に混じっても違和感のない育ちのよさを見込まれたケルジイ。俳優の一員という触れ込みで、実際にはウェイターとして乗車することに。
慣れない仕事を手伝いつつ、仲間と打ち解け、運命の女性らしい相手ネルとも知り合います。
デートには誘えないけど、旅行中の業務の中で、少しずつ惹かれあっていくのを確かめるのが微笑ましい。

カナダでは有数の富豪一家ロリモア家も特別車両にいましたが、何か問題を抱えている様子。
あちこちで手を貸しつつ、列車に仕掛けられる陰謀に立ち向かうケルジイ。
1988年の作品なので、携帯も今のようなネットもなし。
秘密の電話連絡を仲介する大事な役目に、保安部長の寝たきりの母親ミセス・ボードレアが登場。
若々しい声としっかりした存在感で、ケルジイとひととき心通わせます。

背景にある事件は深刻だけど、目の前にあるのは主にお金持ちが楽しむ旅行のシーンなので、比較的軽い読み心地。
いつもの一人称が生かされていて、誰にも気づかれないケルジイが平静そうでいて何をどう見ているか、面白い内容になっています。

イギリスの有名な競馬騎手だったディック・フランシスが引退後に作家となり、競馬界についての知識や騎手としての実感を交えた描写もさることながら、元騎手とは思えないほどの文才とセンスで魅了する作品群。
長編はすべて男性主人公の一人称で語られ、年齢や境遇はさまざま。
何らかの特別な経験や才能があるが謙虚で、観察力と思いやりがあり、意志強く事件に立ち向かう人間像は共通しています。
女性がそれぞれ存在感があり、ファッションも個性的なのも特徴。
フランシスの奥さんが執筆協力し清書していたので、奥さんの見る目も生かされているのでしょう。性格も男性主人公より変化に富んでいるし、実際にいそうで好感の持てるヒロインが多いですね

« 神戸屋のサンドイッチ | トップページ | スキニーパンツのナチュラルさんと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57981329

この記事へのトラックバック一覧です: 「横断」:

« 神戸屋のサンドイッチ | トップページ | スキニーパンツのナチュラルさんと »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック