フォト

おすすめ本

« 水色ドレスのmomoko | トップページ | そこにいる理由 »

「等伯」

安部龍太郎「等伯」日本経済新聞社

安土桃山時代の絵師・長谷川等伯を描いた小説。
直木賞を受賞したばかりのときに、読みました。
読みやすく、ドラマチックで、面白いですよ!

長谷川信春(後の等伯)は、絵の才能を見込まれ、染物師の長谷川家に、11歳で養子に入りました。
染物の修行をしつつ、日蓮宗の絵仏師として、認められていきます。
実家は、能登の畠山氏に仕えた武家。
下克上が始まった時代で、畠山父子は家来に城を追われていました。
信春は長兄の奥村武之丞の依頼で、復権を目指す畠山のため、ある使いを引き受けることになりますが‥

妻の静子は、ふっくりした顔の優しい女で、信春の仏画のモデルともなっていました。
思いがけない成り行きで妻子と家を出て、都へ向かおうとしますが、折りしも信長の軍勢が周りを取り巻いていました。
信春は比叡山焼き討ちに遭遇、子を抱いている僧をとっさにかばって闘ったため、信長に追われる身となってしまう。
本法寺で日堯上人の尊像を依頼され、「後の修行者のため、修行がどこまで進み、何が足りなかったかわかるように描いてくれ」と言われます。
困難な仕事に全身全霊で打ち込み、この絵は評判になりました。

畠山家の夕姫が京の三条西家に嫁いでいて、信春を本願寺に連れて行き、近衛前久に紹介してくれます。
藤原北家しか関白になれないという家系の頂点に立つ前久は、19歳で関白になった人物。13代将軍・足利義輝とはいとこ同士、公家には珍しく、共に武芸にも秀でていたという。
この前久という男、魅力的に描かれていて、面白いです。

当時既に大きな流派となっていた狩野派に敵視され、仕事をとるのに妨害を受けることに。
秀吉の眼前で絵を描いて見せたり、盛り上がります。
千利休との交流もあり、信仰心も篤かった等伯。(伯の字は利休の命名)
狩野永徳のきらびやかな作風とは正反対の境地に、等伯はやがて達していくのですね。

息子の久蔵は幼い頃から画才を示していて、跡継ぎが出来たことを心から嬉しく思っていたのですが。
永徳に借り出されたまま戻されずに年月がたってしまう。
板ばさみになる久蔵は気の毒だけど、永徳は久蔵を気に入っていたというエピソードには救いも。

武家の生まれであったことが災いしたというか、多少は勉強の機会や出世の手づるにもなるのですが、不本意ながら政治に巻き込まれてしまうこともある。
信長、秀吉、家康と政権が移っていく時代を生き抜いたのだから、それは大変でしょう。
表紙になっている松林図の風格と独自性からして、激しさと静謐さを兼ね備えた人物であることは察しがつきます。
芸術家として物事の本質を見極めたいという志と葛藤、妻子への愛情、縁ある人への思いがありありと描かれ、引き込まれました。人間くさい迷いと後悔も含めた人間像。
引き立ててくれた人物の大きさもさることながら、二人の妻と気立てのいい息子のことが印象に残りました

« 水色ドレスのmomoko | トップページ | そこにいる理由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57630491

この記事へのトラックバック一覧です: 「等伯」:

« 水色ドレスのmomoko | トップページ | そこにいる理由 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック