フォト

おすすめ本

« アメリと一緒にポーズ・2 | トップページ | 「バーニング・ワイヤー」 »

「旅屋おかえり」

原田マハ「旅屋おかえり」集英社

あったかい気持ちになれる本です。

「おかえり」こと、丘えりかは、タレント。
北海道最北端の礼文島に生まれ育ち、スカウトされてアイドルになったが、あまり売れないまま32歳に。
感じの良い容姿で、明るい性格、素直なリアクション。
だが、それ以上のものはなく、プロダクションも弱小だったのです‥

唯一のレギュラー番組の「ちょびっ旅」を楽しくやっていたのだが、ミスで降板に。
もう所属タレントもおかえりしかいないので、プロダクションは存続の危機!
そこへ、病気で動けない娘の代わりに旅をしてほしいという依頼が舞い込みます。

家族旅行では見られなかった満開の桜の写真を撮りに、角館まで行ったのだが、なんと急な雨に。
それでも‥?
出かけた先の温泉宿の家族も、おかえりの一人旅を心配してくれる番組スタッフも、とてもあたたかい。

そして、番組復活をかけた依頼が‥?
プロダクションの萬鉄壁(という名前でそれにふさわしい外見の)社長にも何か関わりが‥

具体的な旅行案内になっていると同時に、旅というのはこんなふうに楽しいものだと、一緒にわくわく。
私は旅行しないほうなんですけどね~何だか移動する喜びを追体験できました。

たまたま、この感想を書くのが遅れて、実は「楽園のカンヴァス」を読み終わったばかり。
知らなかったら別人の作品と思うぐらい、雰囲気も内容も違います。
でも知っていると~戸惑いや困難もありつつ、あるときから夢中になっていく熱っぽさや、ふとした出会いで惹かれあう様子に、共通したものを感じますね。
心通い合うあたたかさが、じんわり心に染みとおります。

« アメリと一緒にポーズ・2 | トップページ | 「バーニング・ワイヤー」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57797338

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅屋おかえり」:

« アメリと一緒にポーズ・2 | トップページ | 「バーニング・ワイヤー」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック