フォト

おすすめ本

« パンケーキ2種 | トップページ | 幼SDのリリィお目見え »

「七つの海を照らす星」

七河迦南「七つの海を照らす星」東京創元社

第18回鮎川哲也賞受賞のデビュー作。
児童養護施設を舞台にした~日常の謎系の連作です。

児童養護施設「七海学園」で働く保育士の北沢春菜は、24歳。
子供達からは、はるのんと呼ばれて、親しまれています。
それぞれに事情があって、家庭で育てることが出来なくなった子供達が集まっている場所。
学園の七不思議といわれる謎めいた出来事があって‥

児童福祉司の大柄な中年男性・海王さんが、探偵役として登場。
欠けた所を何とかしようとするのではなく、子供を信じておおらかに見守る海王さん。
微妙な立場の違いから、児相(児童相談所)はあまり信用できないという気持ちを抱いていた春菜も、海王さんに心を開き、学んでいきます。
自然なあったかさのある春菜の様子に、ここの子供達も気持ちがほぐれることでしょう。

後輩を励ますために死から甦って姿を見せた先輩。
非常階段の行き止まりから、姿を消した新入生。
女の子が6人で通ると、いるはずのない7人目が囁くというトンネル。など‥
事件は中学高校で噂になるような出来事が多くて、いかにも今の女子らしいムードがあるのですが、その背景にはやはり深刻な理由も。

素直で健康な春菜の視点から描かれるために、深刻になり過ぎないので印象はいいですね。
春菜の友人・佳音ちゃんもいい味出しています。
謎は丁寧に考えられていて、最後に繋がってくるところが面白い。
回文を作るエピソードで、あまりにもすぐにたくさん出来ちゃうのにはびっくり~作者が好きなんでしょうねえ。

5月に読んだんですが、感想を書きそびれていました。
図書館からどっと届いた時期だったんじゃないかな?

« パンケーキ2種 | トップページ | 幼SDのリリィお目見え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57725475

この記事へのトラックバック一覧です: 「七つの海を照らす星」:

« パンケーキ2種 | トップページ | 幼SDのリリィお目見え »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック