フォト

おすすめ本

« プチ・ドルパその2 | トップページ | パリブレストと黒糖のタルト »

「ジャスミン・ティーは幽霊と」

ローラ・チャイルズ「ジャスミン・ティーは幽霊と」武田ランダムハウスジャパン

お茶と探偵シリーズ5作目。
毒気が少ないのが最大の特徴で、美味しい紅茶と軽食がたくさん出てきます。
紅茶が好きなので、のんびり読めました。

アメリカ南部の古都チャールストンでティーショップを経営するセオドシア。
今回は、歴史ある墓地で地元医師会の主催で行われたチャリティ・イベント「ゴースト・ウォーク」から始まります。
幽霊に扮した素人も参加しているのですが、そこで事件が‥!

恋人ジョリーのおじで医学博士のジャスパーのために、ケータリングに来ていたセオドシア。
店の有能なティーブレンダーのドレイトンは、衣装を着けて将軍に扮していました。

ブティックのオーナー、デレインは、ご近所の友人で、いささかお騒がせなキャラ。
新しい流行のピタピタ素材の洋服の搬入に熱中しています。
デザイナーとの恋愛も進行中らしいのですが‥?
セオドシアも、いつものように洋服を買い足すことに。
優秀なスタッフと上手くいっていて、次々に企画を立て、仕事を楽しんでいるセオドシア。
気楽に読めますが~その分、波乱やスリルは少ないです。
あ、殺人事件は起きているので、日常の謎っていうわけじゃないですが。
恋人もいるのに恋愛の描写はほとんどなく、子供でも読める?
そういう葛藤を読むのも面倒くさい~気分のときに読むのが最適なのかも。

「ダージリンは死を招く」「フリーンティーは裏切らない」「アールグレイと消えた首飾り」「イングリッシュブレックファスト倶楽部」に続く作品です。
11作目まで出ている様子。

« プチ・ドルパその2 | トップページ | パリブレストと黒糖のタルト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57981215

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャスミン・ティーは幽霊と」:

« プチ・ドルパその2 | トップページ | パリブレストと黒糖のタルト »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック