フォト

おすすめ本

« もう一匹分のふわふわ | トップページ | マリーナさんと夏服撮影 »

「支配人バクスターの憂鬱」

ケイト・キングズバリー「支配人バクスターの憂鬱」創元推理文庫

ペニーフット・ホテルのシリーズ第5作。
古きよき時代のホテルを舞台に、いきいきとキャラが絡み合います。

1907年、夏。
ホテルを経営するセシリーは、未亡人になって夫の仕事を引き継いで5年になります。
頼りになる支配人バクスターを右腕に、猛暑の夏を乗り切ろうとしていました。
新しいドアマンのアーサーはハンサムでやたらと愛想をふりまき、バクスターは渋い顔。
セシリーの友人フィービまで、アーサーにときめきを覚えます。

そんなとき、ホテルの客が、謎の転落死。
妻は寝込み、一人息子スタンリーがホテルの従業員の手にゆだねられます。
これが悪童で、手に負えない。
女中のガーティは身重の体ながら、バリバリ働いていますが、度重なる悪さに怒り心頭、スタンリーとは好敵手とばかり応戦。これもおかしな展開に。
セシリーでは優し過ぎて扱えないようです。
当時としては進歩的で活発な冒険好きの女性ですが、今の基準ではおっとりしたもの。
しかし、このホテル、従業員が少なすぎるのでは‥

セシリーの息子の一人が軍隊を辞めて地元のパブを買いましたが、どうやら経営難の様子。
というのも、アフリカで結婚して連れてきた嫁シマニはなんと現地の人で、宣教師に教育を受けたので英語は滑らかだが服装も見るからに違う。
この時代に大胆ですね。村人もびっくりして足が遠のいている様子。
セシリーは人種差別はいけないと思いつつ、互いに馴染めない嫁姑でした。
しかも、よくない噂が‥?

明るく気立ての良いセシリーの意外な悩み。
バクスターのことは信頼しきっていますが、友情以上になりそうでならない緊張がある微妙な関係なんですね。
バクスターの視点からではないので、途中はこのタイトルを忘れていました。
バクスターの立場からすると、息子夫婦の登場はもっと現実的な脅威でもあるのでしょう。
最後にセシリーを驚かせた発言の真意は‥?
次の巻へ続く!(笑)

« もう一匹分のふわふわ | トップページ | マリーナさんと夏服撮影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57876680

この記事へのトラックバック一覧です: 「支配人バクスターの憂鬱」:

« もう一匹分のふわふわ | トップページ | マリーナさんと夏服撮影 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック