フォト

おすすめ本

« 「暗くなるまで贋作を」 | トップページ | リカちゃん服のmomoko二人 »

「あの日、君と Boys」

伊坂幸太郎ほか「あの日、君と Boys」集英社

8編収録のアンソロジー。
集英社文庫創刊35周年記念の文庫オリジナルだそうです。
初出はすばるが多いけど、もともとこのテーマで書いたってことなのかな。伊坂さんのは書き下ろし。

「逆ソクラテス」伊坂幸太郎
やはり別格で、すごくよかった~ほとんど覚えてしまったぐらい。
転校してきた男の子・安斎君が、教師に何かと軽視されている級友を守ろうとします。
いくつか面白い手を考え出し、そして当人には、何か不当なことを言われたときに「僕は、そうは思いません」と言うんだよ、と。
多くの人に読んでもらいたい内容。
出来れば子供の頃に! でも大人でもいい‥

「骨」井上荒野
幼馴染の陽と幸太。
骨がみしみし音を立てるような成長期です。
サイクリングでキャンプに行くという計画だったのですが、幸太が来るかどうか陽はあやぶんでいました。
サッカー部の出場辞退という件に関わったため、幸太は怪我をしているのですが‥

「夏のアルバム」奥田英朗
小学2年の雅夫は、自転車の補助輪無しで乗れるようになるのが目標。
親がまだ早いとはずしてくれないのでしたが‥
その夏、母の姉が入院していて、従姉妹たちは自分で家事をしているという。

「四本のラケット」佐川光晴
太二はテニス部。
朝練で荒れたコートを昼休みにならすのは、1年生の役目。
当番はグーパーじゃんけんで決めるのですが、ある日‥

「さよなら、ミネオ」中村航
学校では透明人間のように孤独な自分。
ミネオという友達だけがいれば、いい‥

「ちょうどいい木切れ」西加奈子
やたらと大きな身体にコンプレックスを抱いてきた青年が、ある日、電車の中で出会ったのは、とても小さな人。
風変わりでとても面白く、印象に残りました。
この本のテーマとしては、かなり変化球だけど。

「すーぱーすたじあむ」柳広司
元野球部の竜次が補導されてしまいました。
小学生のときに地元の少年団でスターだった彼。
ところが身長が伸びず、弱くなったのに気ばかり強くて、持て余しものになってしまったのです。
ヤケか嫌がらせかという感じの、破天荒な行動の意味は‥?!

「マニアの受難」山本幸久
昭和が終わりかかっていた頃。真輔は22歳になりました。
映画が大好きで、やはり映画が好きだという女の子と付き合っていたのですが。
真輔の選ぶ映画はマニアックすぎて、不満を抱いた彼女にはきっぱりフラれてしまう。
映画雑誌への就職を考えますが‥

男の子たちって面白いなあ。
女の子の話は出なさすぎなぐらい?
運動部の話が多く、テーマとしてはかなりまとまっている印象でした。

« 「暗くなるまで贋作を」 | トップページ | リカちゃん服のmomoko二人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57630763

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの日、君と Boys」:

« 「暗くなるまで贋作を」 | トップページ | リカちゃん服のmomoko二人 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック