フォト

おすすめ本

« アメリとファッショニスタ | トップページ | 穴子天蕎麦 »

「冷え取りごはん うるおいごはん」

若林理砂「冷え取りごはん うるおいごはん」池田書店

しばらく体調不良に悩んでいて、冷えとりがやはり大事では?と。
わかりやすく、なかなか感じのいい本です。

鍼灸治療師だが、もともと身体は弱かったという著者。
漢方に基づいて食事を変えていったところ、だんだん体が丈夫になり、肌荒れや日焼けさえ!あまりしなくなったという。

タイプ分類が、わかりやすいです。
冷えと潤いの組み合わせで、何が足りないか、あるいは過剰か。
こういうのって、色んなタイプに該当してしまって、収拾がつかなくなる場合があるんですが、そういう人は自律神経失調症だそうです。
この分類だと私の場合、冷えているのは間違いなく、うるおいのほうは、やや水はけが悪いほうらしい‥

素材にも、調理法にも、冷←→熱、乾←→湿の段階があるそうです。
体質別のおすすめレシピと、注意点。
難しい料理はあまりないので、カラフルな写真で、作れそうな気分になれます。
季節を春夏秋冬だけでなく、梅雨と秋の長雨の季節もある6つに分け、湿度が高い時期の注意点もあるのが興味深い。

簡単な出しのとり方なども。
正しい姿勢や歩き方、呼吸法、体質による便秘対策の違いなど。
生活の仕方についても色々。

無理しないで、自分に合う食べ物を見つけ、だんだん心地いい生活にしましょうね、という語り口。
毎日きちんきちんと頑張るのではなく、時には不養生をして楽しむ。
大昔ならちょっと無理すると治らない病気になってしまうこともあったかもしれないが、現代では環境も良くなり、いろいろな治療法が発達しているので、少しぐらい勝手なことをしても、取り返せると。
食養生を始めるときに迷うようだったら、まずは一食ドカ食いしてから、という手もあるというのが楽しい。

« アメリとファッショニスタ | トップページ | 穴子天蕎麦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「冷え取りごはん うるおいごはん」:

« アメリとファッショニスタ | トップページ | 穴子天蕎麦 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック