フォト

おすすめ本

« 「カフーを待ちわびて」 | トップページ | レース服のリカちゃん »

「失脚/巫女の死」

フリードリヒ・デュレンマット「デュレンマット傑作選」光文社古典新訳文庫

スイスの有名な作家で、スイスのみならずドイツ語圏ではデュレンマットの戯曲は定番として上演されているのだそう。
1921年生まれ、1990年没。

イメージ豊かで、登場人物が濃く、確かに演劇的。
ソ連首脳部の葛藤を思わせる政治風刺的な「失脚」などは、登場人物の名前が頭文字だけなので、俳優がやって見せてくれたほうがわかりやすいかも。

「故障」は車の故障で、たまたま立ち寄った家で、村に住む老人達の楽しみに付き合うことになった男。
その楽しみとは、模擬裁判。
彼らはとっくに引退しているが、元は裁判官など法曹関係だったのです。
罪を白状するように迫られ、冗談半分に営業マンである自分の身に起きたことを説明していくと‥
極上の食事をしながら議論し、酒を飲んでやけに盛り上がり、互いにほめあい、感動して肩を抱き合ううちに‥?!

「巫女の死」
オイディプス王の悲劇をさまざまな角度から見る話。
テーバイの王子がいずれ父親を殺し母親と寝るだろうという予言によって父王ライオスに捨てられ、コリントスで成長します。
運命なのか?後に予言は成就されてしまうのですが‥

巫女パニュキスは、アポロンに仕えるデルポイの神殿の女司祭長。
長年、口からでまかせに思いつく限り妙なことを言ってきたという衝撃の出だし。
しかも、パニュキスによる問題の神託とは、テイレシアスの意図によるものだった‥!
テイレシアスは盲目の預言者で政治家でもあり、法外な額の金を受け取った上で、依頼者に都合のいい予言を行っていたのです。
もうろうとした老女パニュキスの視点というのも珍しい。
さらに、二転三転‥王妃イオカステの告白や、スピンクスの視点まで?
あるいはそれも、運命の環の中だったのか‥?

山岸さんの古代ギリシアを題材にしたコミックスなど思い起こしながら、読みました。
宝島社 「このミステリーがすごい!2013年版」 海外編第5位。
講談社「IN★POCKET」  あなたが選ぶ2012年文庫翻訳ミステリー・ベスト10 第9位。
AXNミステリーチャンネル 2012年国内外のミステリー「闘うベストテン」第3位。

« 「カフーを待ちわびて」 | トップページ | レース服のリカちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「失脚/巫女の死」:

« 「カフーを待ちわびて」 | トップページ | レース服のリカちゃん »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック