フォト

おすすめ本

« 「シフォン・リボン・シフォン」 | トップページ | かわいい髪と服のリカちゃん »

「アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪なう」

ゲイル・キャリガー「アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪なう」早川書房

アレクシア女史2冊目。
ヴィクトリア朝のロンドンに、吸血鬼や人狼が公然といたという設定のドラマチックな物語です。

ミステリというよりファンタジーかなあ‥
歴史改変SFというか~パラノーマル・ロマンスでもあり。
すべて含めて、スチームパンクそのもの。
今回はエーテル通信という発明も出てくるし、大型の飛行船での旅行、アレクシアのパラソルにも新技がいっぱい。
そういうことに興味があれば、1作目よりもイメージ豊富で面白いでしょう。

人狼団を率いるマコン伯爵と結婚したアレクシア。
おしゃれにあまり興味がなかったので、格式を保つファッションにも苦心しています。
熱々の新婚カップルではありますが~知らないことも多く、それぞれの立場もあり、問題は次々に起こります。

ロンドン近辺で突然、人狼や吸血鬼が牙を失い、ただの人間になるという現象が起きます。ゴーストは除霊されて消えてしまう。
これはロンドンでただ一人の<魂なき者>であるアレクシアの能力なら可能なので疑いもかかりますが、アレクシアの場合、じかに触れている間だけのこと。
広範囲で起こるとは、何かの疫病か?化学兵器か?

マコン伯爵は、アレクシアには何の説明もせずに、突然スコットランドへ行ってしまいました。
出身地の人狼団で、何事か起こったらしい。
夫の伝言で赴いた帽子店で、アレクシアは最新の技術を仕込んだパラソルを受け取ります。
帽子店の主マダム・ルフォーは、男装の謎めいた女性。
今回の現象が北上しているのを知ったアレクシアは、夫にそれを知らせるため、飛行船でスコットランドへ。

マダム・ルフォーも、同じ飛行船に乗っていました。
アレクシアの親友のアイヴィと、異父妹のフェリシティも、諸事情により同行させる羽目に。
いささか見当はずれのことばかり言うアイヴィは、恋愛中。
性格の悪い妹とコメディ部門を担当します。

マコン伯爵の出身地で何が起こったのか?
衰えつつある人狼団は、伯爵の子孫だったが‥
思いがけない展開に~!?
続きを読まずにはいられないラストに苦笑い~どっちにしても、読むけど☆

« 「シフォン・リボン・シフォン」 | トップページ | かわいい髪と服のリカちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57405282

この記事へのトラックバック一覧です: 「アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪なう」:

« 「シフォン・リボン・シフォン」 | トップページ | かわいい髪と服のリカちゃん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック