フォト

おすすめ本

« 「天使のゲーム」 | トップページ | みうとリカちゃん »

「春はそこまで 風待ち小路の人々」

志川節子「春はそこまで 風待ち小路の人々」文藝春秋

直木賞候補になったというので、読んでみました。
絵草紙屋を中心に、江戸の町で肩寄せあって暮らす人々をいきいきと描いて、読後感の良い小説でした。

風待ち小路は、小さな商店が並ぶ通り。
皆穏やかに暮らしていましたが、少し離れたところに新興の商店街が出来て、人気を奪われそうになります。

絵草紙屋「粂屋」の主人・笠兵衛は48歳。当時としては初老ですが、人気役者・岩井半四郎に似た男前で、まだまだ元気。
5年前に妻を亡くし、後に妾を持ったのですが、後添えにするかどうか迷っているうちに‥
息子の瞬次郎がおっとりしていて、やや頼りなく思えるのが悩み。

笠兵衛が趣味的にやっている手製の引き札を頼みに、半襟屋のおちせが訪れました。
瞬次郎はおちせに惹かれ、おちせも遠慮がちに誘いに乗って歌舞伎に行ったりと、付き合い始めましたが‥?
そのことに気づいた笠兵衛は息子も良い目をしていると喜びますが、なかなか進展しない仲に気をもむことに。
おちせには、ある事情が‥

生薬屋の嫁のおたよは、夫の遊び癖が悩み。
商売の力になろうとしたことは裏目に出てしまいそうですが‥?

洗濯屋の子ども・佑太は、父親が出て行ったのが悩みでした。
母と付き合っている「おじさん」を町中で見かけ‥?

商店街の人気を取り戻すため、店主の世代と跡継ぎの若旦那らが、それぞれに工夫を凝らします。
素人芝居で歌舞伎をやろうという企画で盛り上がり‥?
皆が互いに関わりあいながら、それぞれの人生が豊かになっていくのが微笑ましい。

中盤は仇討ちという時代劇ならではの苦難が持ち上がり、はらはらしますが、予想以上のハッピーエンドに。
こんな多幸感で終わる時代小説って珍しいのでは。
気分よく読み終われました。

« 「天使のゲーム」 | トップページ | みうとリカちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57593533

この記事へのトラックバック一覧です: 「春はそこまで 風待ち小路の人々」:

« 「天使のゲーム」 | トップページ | みうとリカちゃん »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック