フォト

おすすめ本

« 焼きサバ定食とお弁当 | トップページ | 「殿下とパリの美女」 »

「ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ」

絵國香織/松浦理英子/角田光代/金原ひとみ/桐野夏生/小池昌代/島田雅彦/日和聡子/町田康「ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ」新潮社

源氏物語千年紀にちなんで、有名なエピソードを現代語で書き直したアンソロジー。
ほとんどそのままの新訳もあれば、性格や心境を独自に書き込んだもの、まったく別な時代の話にしているものも。
なかなか変化に富んだ面々なので、楽しめました。
2011年に別なタイトルで文庫化されているみたいです。

松浦理英子「帚木」
え、一番最初が空蝉?と思ってしまった‥
なるほどねえ~ある意味、現実味のある女性?
紀伊守の父の後妻という受領階級の人妻で、身分の高い貴公子に迫られまくって一度はそういう仲になったものの、その後は源氏をきっぱり拒絶した女性。
源氏はまだ10代と若く、正妻の葵に冷たくされてふらふらしていた時期。
雨夜の品定めで中流階級の女性がいいと聞かされて、好奇心を起こしたのでした。
当時はまず通い婚が主流だったけど、この場合は夫が同じ屋敷内に戻っているので、そりゃ、続けたくないんじゃない?
もし違う立場だったなら‥と、空蝉が内心考えるのも正直な。

江國香織「夕顔」
どこか頼りなげで素直な夕顔。
男性の人気ナンバーワンだそうですよね。
ほとんど人生をあきらめているかのような面と、ふわふわと女っぽい面と。
夕顔はまあ‥
ともかくとして、六条御息所がかわいそうなのよね。

角田光代「若紫」
現代版に大胆な書き直しをした辛口な作品。
東南アジアかどこか?父に売り飛ばされた少女が、まだ店には出られない年齢で下働きをしているんです。
そこへ現れた金持ちの男に、自分を引き取らせようとたくらみ、まんまと‥?

町田康「末摘花」
これ、傑作!吹き出しちゃいました。
美貌を誇るいい調子の若者の一人称で、でもけっこう周りに振り回されているのね。
頭の中将がストーカーめいたキャラになっていて、おかしい。
末摘花の家が質素を通り越した貧乏なのを勝手に理想化するあたりも、いかにも。

金原ひとみ「葵」
現代に舞台を移し、光の母親も生きているが上手くいっていないという設定。
妊娠がわかって動揺する葵と、頼りない若い夫?の光。
いつしか強くなろうとする葵。
生々しさで読ませますけど、源氏物語と関係なさすぎかも。

島田雅彦「須磨」
別れの寂しさを嫋々と描いて、独特な雰囲気。
歌のやり取りを丁寧にしていく文化が、ありありと感じられます。

日和聡子「蛍」
源氏の元に引き取られている玉鬘の君。
父親のように思っていた源氏に言い寄られて困惑することに。
源氏はほかの男性に引き合わせることも考えていて、玉鬘の姿を垣間見させるために蛍を飛ばすという手も使う。
落ちがないけど、当時の生活ぶりや源氏の考えが出ているくだり。

桐野夏生「柏木」
尼になっている女三の宮の一人語りが、面白いです。
皇女だったが、14歳で40歳ほどの源氏に降嫁しました。
ほんとうは三の宮は気が進まなかったという。
教養豊かな美女揃いの六条院の館で、源氏は紫の上に気をつかって、あまり渡っても来ない。
おっとりして気が利かない三の宮は、何かと叱られてばかり。
柏木に姿を見せたうかつさは、実は確信犯だったという。

小池昌代「浮舟」
現代の女性が、わがことのように浮舟を感じ取る話。
一人暮らしで、勤めて50年になる会社でもうすぐ定年を迎えます。
源氏物語にはまり、毎晩読みふけっていたのです。
浮舟の心境を実感する様子が無理なく描かれていて、いい読後感でした。

« 焼きサバ定食とお弁当 | トップページ | 「殿下とパリの美女」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57405184

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ」:

« 焼きサバ定食とお弁当 | トップページ | 「殿下とパリの美女」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック