フォト

おすすめ本

« 「この世をば」 | トップページ | 豚、鶏、牛の晩御飯 »

「八重の桜 前編」

「八重の桜 前編」NHK出版

2013年のNHK大河ドラマのムック本。
配役、人物関係表、俳優&脚本家インタビュー、出演者座談会、あらすじ、歴史のまとめ、会津の写真、豆知識など。

きりっとして清潔感のある綾瀬はるかの八重さん。
のびのびした個性で生き抜けそうです。
まじめで古風なもともとの会津と、これから激動していく時代の雰囲気が伝わり、期待しています。

時は幕末。
会津藩の砲術師範の家に生まれた山本八重の生涯を描きます。
年齢の離れた兄の山本覚馬が、まず活躍。
父と兄の背を見て育ったおてんばな八重は、女だからと止められながらも本を隠れ読み、鉄砲を撃ってみたいと憧れます。
素朴だけどバイタリティがある少女。

覚馬は藩から遣わされ、江戸で兵学者・佐久間象山の塾に学びます。
会津に戻ってから、蘭学塾を開こうとしますが、最初は反発される。
時代の必要性から、やがては出世の道を歩みますが‥
覚馬を追って会津に来た同門の川崎尚之助と、八重は結婚。
覚馬は京都で洋学所を開き、他藩の人材にも門戸を開きます。
こんな人がいたとは!

八重は若松城の篭城戦では、最新銃・スペンサー銃で奮戦。その頃に夫とは離縁。
父は戦死。兄の覚馬は捕らえられますが、幽閉中に新国家の青写真を描いた「菅見」を新政府に提出、高く評価されます。

八重の夫になる新島譲は、密航してアメリカにわたり、明治維新の激闘は経験しなかったという。
(ある意味、帰国子女の走り?)
覚馬と知り合い、八重と結婚して、同志社大学を設立することになります。

八重は洋装を取り入れた大胆な格好で京都の町を闊歩し、悪妻と思われますが、夫の譲は八重の生き方がハンサムだと評しました。
日露戦争のときに八重は看護婦を組織して看護にあたり、日本のナイチンゲールとも呼ばれるようになったそうです。

なかなか配役も内容もいいと思うけど‥
注意点は地味になりすぎないように、ってことかしら~老婆心ながら(^^;

この文を書いたのは昨年12月20日。
つまりドラマはまだ始まってなかったんで~予習でした。
今はドラマで八重と尚之助は仲が良い夫婦なので、どんないきさつで離縁しちゃうんですかねえ‥??
しかし、ちょっと展開、遅くない?
この時期の混乱はややこしくて早く描けないのかなあ。

« 「この世をば」 | トップページ | 豚、鶏、牛の晩御飯 »

コメント

ごめんなさい、もう見てないの~
早くあの銃を構えたかっこいい綾瀬はるかを見たいんだけど、もうガマンができません~

やっぱり1年もつ話ってなかなかないのかも…
篤姫も幕末だったけど、大奥ものだったから女性が見たのかもしれませんね。

marieさん、
もう見てないですか~残念。
来週、鳥羽伏見なんで~銃撃戦もそろそろです。
八重にこだわらなければ、京都での政治の動きを面白がれるのかな。
あとで洋装するぐらいになったら、また面白いかもですよ。
「篤姫」は女性に人気高かったのかな。
すごく出来の良いドラマでした!
戦国時代が見たい男性にはちょっと物足りなかったかもしれないけど?
「龍馬伝」は話の作りは篤姫的でした。
ああいう話作りがないと、毎週見てもらうのは難しいのかも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「八重の桜 前編」:

« 「この世をば」 | トップページ | 豚、鶏、牛の晩御飯 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック