フォト

おすすめ本

« 藤色の振袖のリカちゃん | トップページ | リセとリカちゃんの振袖と帯 »

「パラダイス・ロスト」

柳広司「パラダイス・ロスト」角川グループパブリッシング

「ジョーカー・ゲーム」「ダブル・ジョーカー」に続くジョーカー・シリーズ3作目。
短編連作で、第二次世界大戦中の日本のスパイ組織<D機関>の話。
切れ味が鋭く、他にない雰囲気で、なかなかカッコイイです☆

「誤算」
1940年のパリ。
フランスは、ドイツにあっけなく征服されていました。
レジスタンスも、活動はしているのですが…
日本人の島野は、頭を打って記憶を失います。
この段階では、日本とフランスは戦争をしていないのですが。
事情がよくわからないまま、レジスタンスの面々と行動を共にすることになりますが…?!

「失楽園」
シンガポールの高級ホテル「ラッフルズ・ホテル」は、アジア随一という評判を誇っていました。
米海軍士官マイケル・キャンベルは、美しい娘ジュリアに恋しています。
ホテルの泊まり客の死体が見つかり、ジュリアが自首したという…?!

「追跡」
英国タイムズ紙極東特派員アーロン・プライスは、来日して十年。
日本の美しさに魅せられていました。
日本のスパイ組織D機関のことを調べ始めます。
噂では結城中佐という人物がトップらしいが、手を尽くして軍の名簿のどこを調べてもそれらしい人物はいない…
似た名前の人物の生い立ちを知る機会があり、特ダネと小躍りしますが…?!

「暗号名ケルベロス」
サンフランシスコを出航して6日目の豪華客船<朱鷺丸>。
Uボートが迫ってくると乗客は脅えたが、それは何とクジラでした。
騒ぎをよそにクロスワードをやっている内海。実はある人物を追って乗船していたのです。
エニグマという暗号を巡って、イギリス、ドイツ、アメリカ、日本の思惑が交錯し…?!

ひと捻りもふた捻りもしてあるストーリーなので、この程度説明しかけても、全然ねたばれにはなっていません!
スリルはあるけど、意外にそれぞれ救いのある結末で、戦争中という設定の割に、怖くはないですよ。
スパイは目立たず、殺さず、死なないようにするのがモットーだからかしら?
さすがに3冊目ともなると、インパクトは微妙に落ちているかなあ…
でも続きが出たら絶対読みたいです。

« 藤色の振袖のリカちゃん | トップページ | リセとリカちゃんの振袖と帯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57061393

この記事へのトラックバック一覧です: 「パラダイス・ロスト」:

« 藤色の振袖のリカちゃん | トップページ | リセとリカちゃんの振袖と帯 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック