フォト

おすすめ本

« 「謎解きはディナーのあとで 2」 | トップページ | みんつくさんも水色ドレス »

「イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部」

ローラ・チャイルズ「イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部 お茶と探偵4」ランダムハウス講談社文庫

お茶と探偵シリーズ4作目。

セオドシア・ブラウニングは、ティーショップのオーナー。
舞台はアメリカ南部チャールストン。「風と共に去りぬ」にも出てきた歴史ある町並みが残っています。

今回は、ボランティアで、ウミガメの卵が孵化して海へ向かうのを見守るシーンから。
数時間ずつ交代で、小さなウミガメの赤ちゃんが無事に海へ入るまで、天敵から守るのだそう。
沖に何か浮かんでいるのを見つけたセオドシアは、夜の海を泳いで確かめに行きます。
それは、ドレイトンの友人で骨董商のハーパー・フィスクでした。

フィスクの店は、共同経営者の女性サマーに譲られるらしい。
ドレイトンはフィスクらと地元の仲間数人で「イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部」という会を作っていたのですが。
そのメンバーに、次々に不審なことが起こり始めます。
動揺するドレイトンに頼まれて、捜査を始めるセオドシア。

近所でブティックを経営する友人のデレインは姉を連れて、ティーショップを訪れます。
押しの強いデレインはファッションショーを企画していて、セオドシアにも協力を求めるのでした。
アイデアを出すうちに、モデルもやることに。

旧知のティドウェル刑事は気むずかしいタイプで、愛想はないけど、実はティーショップの美味しいお茶とお菓子に目がない。
今回は事件の担当から外れていて、そろそろ隠退かという噂も流れましたが…?

若手弁護士のジョリー・デイヴィスとの仲は順調。セオドシアとだんだん良い雰囲気になっています。
セオドシアのことをチャールストンの生んだ素人探偵と呼んで、捜査にも異議は挟まない。
とはいえ、弁護士の倫理規定に触れそうなことまでは、セオドシアは喋らないのですが。
ジョリーのヨットに乗るデートの日、ヨットは水浸しで半ば沈没しかかっていた‥!
何者かが栓を抜いたのです。これは警告…?!

お店で出す紅茶やお菓子、料理の数々が美味しそうで、変化に富んでいるのが特徴。
セオドシアの店や親しい人たちは順調なので、ある意味スリルは少ないけど、楽しい気分で読めます。

« 「謎解きはディナーのあとで 2」 | トップページ | みんつくさんも水色ドレス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部」:

« 「謎解きはディナーのあとで 2」 | トップページ | みんつくさんも水色ドレス »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック