フォト

おすすめ本

« 四大陸選手権・男子女子結果 | トップページ | ベレーと白シャツのみんつくさん »

世界選手権SP

世界選手権やってます!
SPの結果をメモしておきます。
見た分について、加筆します~。

男子
1位、パトリック・チャン  98,37
今シーズン、コーチ陣を一新し、やや不調でしたが。
世界選手権にはあわせてくるのよね。力強い演技。

2位、デニス・テン  91.56
パーフェクトな演技で、白いシャツに燕尾服のスタイルがひときわ優雅に見えました!

3位、ケビン・レイノルズ  85.16
四大陸選手権優勝と好調な彼。
鼻が高いので~日本語で「鼻高々」って言ってたのが楽しい。

4位、高橋大輔  84.67
練習しすぎでやや疲れが。それでもこの位置をキープするのがさすが。
新プログラム、滑り込んで自分のものになっていました。

5位、ブライアン・ジュベール  84.17
6位、ミハル・ブレジナ
7位、ハビエル・フェルナンデス
8位、マックス・アーロン
9位、羽生結弦  75.94
10位、フローラン・アモディオ
11位、無良崇人 73.46
12位、宋楠
13位、ペテル・リーバース
14位、ロス・マイナー

女子
1位、キム・ヨナ  69.97
2年ぶりの復帰でノーミス。
ブルーグレーのキラキラする衣装が優雅。

2位、カロリーナ・コストナー  66.86
1年前の世界選手権に優勝(参戦は10回目)、今シーズン前半は休んでいました。
藤色の衣装で「フランケンシュタインに魅入られて」
長い手足を生かした振り付けで、流麗に歯切れ良く。
3回転の連続で転倒したけど、それを引きずることなく、良い演技でした。

3位、村上佳菜子  66.64
とても綺麗でうっとり。このプログラムの完成形を見ました。
薄ピンクの衣装でなよやかに。
ステップで世界を作ってから、後半に難しいジャンプを取り入れて、ノーミス。
終わったとたんにニカッと笑顔。
高得点に「先生、ヤバイよ」と言ってましたね。

4位、ケイトリン・オズモンド  64.73
17歳のカナダ女王。黒髪に丸い額の綺麗な子です。
ダイナミックな演技で、前に出てくるオーラがあります。
大きなミスはなかったですね~精密さにはまだ欠けるかな。

5位、アシュリー・ワグナー  63.98
力強く、くっきりした演技。
3回転の連続こそないけれど、複雑な構成を滑りきってノーミス。

6位、浅田真央  62.10
チャーミングなプログラム。
トリプルアクセルを成功させました。
後半の3回転がすっぽ抜け~集中力が途切れた?
その後もまとめていましたが、まさかの成績。ちょっと前を思い出しちゃう。
苦笑して戻り、佐藤コーチの奥さんのほうが笑顔で出迎えていたのが印象的。

7位、鈴木明子  61.17
ジャンプの着地が乱れ、この順位。
明子さんならではのカッコいいプログラム、終盤は音楽が体の内側から流れ出すよう。

8位、アデリナ・ソトニコワ  59.62
ジュニア時代は負け知らずだったけど~ちょっとしたミスが出るのね。
タンゴは印象つけやすいけど一番合っているわけではないかもねえ。
のびやかで、けっこうよかったですよ。

9位、グレイシー・ゴールド
笑顔が可愛い金髪の美少女、17歳。
全米ジュニアチャンピオン、でシニア初シーズン全米2位。
連続ジャンプがいまいち、スピンのぐらつきもちょっとあって、この順位。

10位、ビクトリア・ヘルゲション

11位、マエ・ベレニス・メイテ

12位、李子君

13位、アリーナ・レオノワ
ロシア選手権でも表彰台を逃すという苦戦中。

14位、エリザベータ・トゥクタミシェワ
黒い手袋でピアソラの曲を艶やかに。
スピンで思わぬ転倒、要素が一つ抜けてしまった。
しかも、まさかのダブルアクセルすっぽ抜け。
ソチでロシア3枠とれないってこともあるかも??
追記:開催国枠が1つあるので3人は出ることが出来るようです。

15位、アレナ・グレボワ

« 四大陸選手権・男子女子結果 | トップページ | ベレーと白シャツのみんつくさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界選手権SP:

« 四大陸選手権・男子女子結果 | トップページ | ベレーと白シャツのみんつくさん »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック