フォト

おすすめ本

« ピンクのダッフルコートのシティさん | トップページ | 身づくろいは高速で »

「シュガークッキーが凍えている」

ジョアン・フルーク「シュガークッキーが凍えている」ヴィレッジブックス

お菓子探偵ハンナ・スウェンセン第6弾。
今回はクリスマス・パーティの一日が舞台です。

レイク・エデンの町の住民たち自慢のレシピ本を作ろうという企画で、ハンナの編集も大詰め。
手分けして試作したものを持ち寄った試食パーティが、コミュニティ・ホールで開かれます。
ハンナの母ドロレスは、宝石のついたアンティークのケーキナイフを貸してくれたのですが、それが行方不明に!?
あせって探すハンナでしたが‥

会計士のマーティンの元妻と姑が、復縁を願って顔を出しているところへ、マーティンはなんと新妻を連れて登場。
ラスヴェガスで結婚したという相手ブランディは、レイク・エデンでは誰も見たこともないほどゴージャスな美女。
ところがその夜、殺人事件が!
外は猛吹雪。犯人はこの建物の中にいる!?

ハンナの二人の男友達は、いまだに恋人未満。
さりげなくいい人な歯科医さんノーマンのほうが有望そうだけど。
ハンサムな刑事マイクの美人助手が気になってイライラしていたハンナは、マイクの無神経な発言に、あるいたずらを仕掛けます。
ところが‥?
といったお楽しみも。
妹アンドリアは出産間近。
母ドロレスと急接近の初老のイギリス人を警戒して、姉妹は大注目しています。

今回は甘いものだけではなく、とっておき料理集のレシピが巻末にたっぷり。
その分、事件は割合あっさりしています。
アメリカの料理に興味があれば、すごく面白いですよ!

« ピンクのダッフルコートのシティさん | トップページ | 身づくろいは高速で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/57061477

この記事へのトラックバック一覧です: 「シュガークッキーが凍えている」:

« ピンクのダッフルコートのシティさん | トップページ | 身づくろいは高速で »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック