フォト

おすすめ本

« りっぱな雛人形 | トップページ | 「下院議員の死」 »

「雪と珊瑚と」

梨木香歩「雪と珊瑚と」角川書店

離婚した若い女性が、周囲の人に助けられて、店を出す話。
具体的に書き込まれ、運もありますが必然性もあり~なかなかいい感じです。

山野珊瑚は、21歳。
同棲のような結婚。出産は、同じアパートの隣人で助産師養成学校に通っていた那美に、手伝って貰ったのです。
そして、離婚。生後7ヶ月の赤ちゃんの雪を抱え、途方に暮れていました。
まず預けなければ、働くことも出来ません。
さまよっていたら「赤ちゃん、お預かりします」という張り紙を見つけます。
古びた普通の民家に一人で住む中年の女性・藪内くらら。
くららの好意に救われ、背水の陣からの暮らしが、どうにか始まります。

高校を中退したときから勤めていたパン屋に戻ろうとすると、今は歓迎するけれど、実は来年店を閉めると言われます。
親切な店主夫妻なのですが、何か事情があるらしい。

くららは料理上手で、知恵と包容力があります。
尼僧として海外に行ったこともあるという変わった経歴は、少しずつゆっくりとわかってきます。
くららの甥の貴行は農業をやっていて、美味しい野菜を作っていました。
珊瑚は生い立ち故にあまり人に馴染まない方だったが、少しずつ、くららに料理を習っていきます。
くららさんの料理と気配りが何とも素敵なのです。

パン屋「たぬきばやし」で働きながら、仕事帰りで疲れた人に、身体にも心にも優しい料理を作りたいと思い立ちます。
店を出したらいいと助言され、驚愕しますが。起業のために借金する方法があるのですね。
店を出すとはどういう事か教えて貰うために、知り合いの店の手伝いに行くと、何もかも初心者なので、きびしく怒られてしまう。
しかし物件を見に行くと、少し駅からは遠いが、木立に囲まれた雰囲気のある古い家で、すっかり気に入ったのです。
パン屋のバイト仲間・由岐も、積極的に協力。
意外にとんとん拍子に、店の話は進んでいきます。

珊瑚自身は、やはりシングルマザーだった母にネグレクトされて、家に何の食べ物もないまま何日も放っておかれたという育ち。
給食で生き延びていました。
スクールカウンセラーの藤村に思い切ってそのことを訴え、毎朝トーストを食べてから教室に行くようになったのです。
高校に行けたのも彼女のおかげですが、母親は学費を払わないまま連絡が取れなくなったので、中退。
その後は連絡できなかった藤村に、ようやく連絡してみると…

赤ちゃんの雪が、とても可愛い。
子供は無条件にかわいいと思う方ではないんですが、この描写にはやられました。
夜泣きをされて苦しむ珊瑚には、ちょっと同情するけれど。
そういう時期は大変だよね。
わずか1時間、雪のいる部屋の扉を閉めてしまったことに深い罪の意識を抱く珊瑚。
こんな一途な人だから、周りも手助けしたくなる。

パン屋のバイト仲間だったが、珊瑚を嫌っていた美知恵。
後にわざわざ手紙に「あなたが嫌いです」と強い非難を書いてきます。
人に甘えていいのか迷っていた珊瑚は、全否定された思い。

こういう事が起きうるってことは、年の功でわかります。
異質なものがよく思われないことは時々あるけど、きついことをわざわざ言ってくる場合というのは~
言われた側の真実を見ていることは、まずない。言う側の性格やこだわり、コンディションのほうが大きいもの。
ネグレクトされた生い立ちの珊瑚に、ようやく訪れた幸運の方が多かった時期。
こんな人の様子をポーズと思うのがねえ…美知恵は心得違いをしていると思うけど。
おそらく店を見に来て、すごい労働量で苦心もしていることに気づいたら、少しは見方が変わるでしょう。少しは。
言われた側が深く考えた結果、何か成長することもありますよ。
一人で生きてきたのではないと、珊瑚が改めて実感したように。

若い無責任な元夫・泰司が顔を出したり、その両親が孫に会いたいとやって来たり。
行方がわかった母に、会いに行ったことも。
はっきりした結論を出さないまま、珊瑚がなんとなく希望を抱く心境になるのがいいですね。
そして、雪の生命力溢れる言葉。
無敵だなあ!

« りっぱな雛人形 | トップページ | 「下院議員の死」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/56778487

この記事へのトラックバック一覧です: 「雪と珊瑚と」:

« りっぱな雛人形 | トップページ | 「下院議員の死」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック