フォト

おすすめ本

« 「いつか還るときは」 | トップページ | 日向ぼっこ仲間? »

「ハートブレイク・レストラン」

松尾由美「ハートブレイク・レストラン」光文社

心やさしいお婆ちゃん幽霊ハルさんが謎を解く!

ハートブレイク・レストランという題なので~失恋がらみの事件なのかなと思ったら、違いました。
ほとんどは日常の謎で、ある点で幽霊がらみ。
癒し系といってもいいでしょうね。

寺坂真以はあちこちの雑誌などに寄稿しているフリーのライター、28歳。
5年勤めた会社を辞め、原稿書きを本業にしようと苦労している所。
家に閉じこもって書くのも息が詰まるので、喫茶店などに出かけて書いています。

落ち着ける店で長く粘れる所を探して、見つけた~とあるファミレス。
街道沿いだが駅から少し離れているのと、何となく店員の雰囲気が明るくないせいか、客が少ないのです。
常連客の中に、一人お婆ちゃんがいます。いつも着物で、真っ白な髪をお正月のくわいのような形に結っている可愛らしいお婆ちゃんでした。

ある日、エッセイに書こうかと思っている編集部での不思議な出来事を、携帯で友達に話していると、お婆ちゃんに声をかけられます。
手作りケーキの中から、編集長がなくした結婚指輪が出てきた謎。
それはこういうことだったのではないかと。
感心していると、その姿はうっすらとなり、消えていく…

幸田ハルという「お婆(ばば)さま」こそ、その店の主?
以来、解決出来ない問題があると、ハルお婆ちゃんに知恵を借りることになります。
「走る目覚まし時計の問題」
「不作法なストラップの問題」
「靴ひもと十五キロの問題」
「ベレー帽と花瓶の問題」
「ロボットと俳句の問題」
やはり店の常連の南野さんという男性と、ほのかな好意が芽生えていく様子も、ほのぼの。
もちろん、ハルさまが応援してくれます。
いい感じでした~。

著者は1960年金沢生まれ。
1991年「バルーンタウンの殺人」でハヤカワSFコンテストに入選、注目される。

« 「いつか還るときは」 | トップページ | 日向ぼっこ仲間? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/56580351

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハートブレイク・レストラン」:

« 「いつか還るときは」 | トップページ | 日向ぼっこ仲間? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック