フォト

おすすめ本

« リセとみうのご対面 | トップページ | 中華でランチ »

「女信長」

佐藤賢一「女信長」毎日新聞社

織田信長が実は女だったという歴史改変もの。

父の正室だった母・土田御前が、側室に男の子が生まれた悔しさから、最初の子を男だということにしたのです。
父は御長と名付けた娘に見込みを感じ、そのまま信長として跡取りに据えます。
母は弟のほうを跡継ぎに望むのでしたが。
女だから守りに入らない自由な発想で大胆に世の中を変えていき、天下泰平を構想するようになります。
むろん公表は出来ない極秘のことですが、実は女だと明かせば男は言いなりになると覚えていくのでした。

浅井長政は、年下の恋人。
妹のお市を嫁がせてからも、関係は続き、むしろ中身は空っぽだが外見は似た女を側にやって、忘れさせないというぐらいのつもりだったという。
浅井の離反に怒り、お市がそそのかしたと思うのですが、実際には長政が野心から女を見捨てて寝返ったのだと知ることに。

斎藤道三の娘・帰蝶(お濃)は女と結婚してしまったわけだけど、信長とは友達として暮らし、けっこう仲が良かったという設定。
浅井が離反すると、お濃の方に、女を使うのは年齢的にもうそろそろ無理だとさとされてしまいます。

明智光秀は、お濃にとっては従兄で、初恋の男でもありました。
教養があり、女の若さだけではない魅力にも気づいてくれる度量があり、そして自分の出世だけではない~天下泰平を考えている男でした。
信長が、お濃の侍女・御長として光秀と付き合うようになると、お濃とは気まずくなりますが…

無理を重ねて、ヒステリックになっていく信長。
いささか下世話な書き方ですが~
光秀が酷い仕打ちを受けるままになっていた有様というのが、実は女のわがままを受け入れている姿だった?
歴史の上で、いくつか疑問に思っていたような点(信長の死体が発見されなかったこと、秀吉の大返しが早すぎたことなど)が解釈されていくのが面白い。
秀吉ははしっこい男で信長に目をかけられるが、どっちかというと悪役。
あ、蘭丸出てこなかった。
女性ならではの大胆さ、というのは夢がありますね。
ドラマ化されるそうです。

« リセとみうのご対面 | トップページ | 中華でランチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「女信長」:

« リセとみうのご対面 | トップページ | 中華でランチ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック