フォト

おすすめ本

« 「コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状」 | トップページ | 海老カニ蕎麦セット »

「ギヴァー」

ロイス・ローリー「ギヴァー」新評論

傑作です。
児童文学作家による近未来SF。
男の子の一人称で、語り口は平易です。
おだやかなようで、特異な設定。

少年ジョナスは、もうすぐ12歳。
進路が決まるので、ちょっと緊張しています。
仲良しの友人たちは、これまで仕事を手伝った経験から、適性がはっきりしているので、おそらくそう任命されると思うけれど、ジョナスにはこれといって向いている仕事が見つかっていないから。

皆が決められた生活を送る町。
職業は12歳のときの年末に、コミュニティの長老委員会が決めて、<任命>として発表されるのです。

ジョナスの父は、ニューチャイルドの世話をする<養育係>をしていて、穏やかな性格。
ジョナスの母は、司法局の仕事をしている知性豊かな女性。
組み合わせを考えて決められた結婚でした。
かわいい妹も、一人います。

どこの家もそうで、両親と子どもが二人。
血が繋がっているわけではありません。
子供を産むのは、職業の一つなのです。
ニューチャイルドは、出産をする仕事に就いている女性から生まれることになっています。
子どもは、希望を出しておけば、いずれは貰えることになっている。

ジョナスは、コミュニティの記憶の器<レシーヴァー>に任命されます。
過去の歴史の中で、今は一般の人が知らない物事や感覚をすべて、覚えておくのが職務。
コミュニティにただ一人いるだけの孤独な仕事です。
これまでのレシーヴァーは老人で、次のレシーヴァーが決まった今は、ギヴァー<記憶を注ぐ者>でもあります。
ギヴァーは、ジョナスに、さまざまな記憶を注ぎ込むのが役目なのです。
最初は知らなかった楽しい記憶を注ぎ込まれますが、やがて苦痛や寒さ、戦争など、痛みを知ることが増えていきます。
そして、コミュニティがこれまでとは違った姿に見えてくるのでした。
このあたりの描写が何とも言えず凄いのです。
淡々と書かれてはいますが、管理社会の様相と、それに気づいていく感じが。
今の体制に疑問を感じるジョナス。
ギヴァーもまた…

不安と切なさが、しだいに高まります。
決死の行動を選ぶジョナス。
どちらとも決められない余韻のある終わり方。
枠にとらわれない品格がある作品です。

著者は1937年ハワイに生まれる。
少女時代を日本で過ごす。異なる世界の設定は、この時期が発想の元になっているそう。
世界的に名高い児童文学賞を2度受賞している。
「ギヴァー」は日本での絶版後、「『ギヴァー』を全国の読者に届ける会」によって、再版にこぎつけたそうです。

« 「コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状」 | トップページ | 海老カニ蕎麦セット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/56710877

この記事へのトラックバック一覧です: 「ギヴァー」:

« 「コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状」 | トップページ | 海老カニ蕎麦セット »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック