フォト

おすすめ本

« ピンクと黒でオシャレ | トップページ | 「アトリックス・ウルフの呪文書」 »

「ぶたぶた」

山崎在実「ぶたぶた」徳間文庫

噂のぶたぶた初読み☆
短編連作です。
このジャンルって何ですかねえ~ファンタジー?
というのにはちょっと日常的な話題が多いんだけど。
日常の謎というのも違う‥

ぶたぶたは、バレーボールぐらいの大きさの薄いピンクの丸っこいぬいぐるみだけど、
意識は中年男らしい。
あちこちに出没、職業も違う。

「初恋」は、娘のベビーシッターを待っていた女性が、現れたぶたぶたに驚愕。
代役というか、いつものベビーシッターのほうが部下だというのです。
ぶたぶたのおじちゃんにすっかり懐いた娘。
後に一度だけ、大根を買っているぶたぶたを見かける…

「銀色のプール」では、小学3年の毅が、古い遊園地に忍び込んだとき。
ひとけのない冬のプールにテントを張り、釣りをしているぬいぐるみを見つけます。
「ぶたぶたは、なぜ、ぬいぐるみなの?」と思い切って聞くと
「毅はなぜ人間なの?って聞かれたら答えられる?」と返される。
両親が忙しくて兄弟もいない毅は、ここに家出したいと思うのですが…?

「ただいま」では、台風の時に、摩耶子の部屋に飛んできたぬいぐるみ。
外に干していたぬいぐるみが、喋り始めます。
摩耶子の兄は、10年前に失踪していました。
なぜか、ぶたぶたは兄と似た所があるのですが…
「もう少し年上のように思います」というぶたぶたが、何とも言えず良い味。

喋り、食事もする~ぶたのぬいぐるみに、最初は驚愕する人も、なぜか周りに受け入れられている様子に、しだいに不自然に感じなくなっていきます。
何気なく、何となく傍にいて~ぶたぶた自身がやりたいことをマイペースでやっているようでいて、そのとき必要なことをふと教えてくれているような。

癒されます…

作者は1964年、埼玉県生まれ。
85年、星新一ショートショートコンテスト優秀賞受賞。
89年、少女小説家としてデビュー。
「ぶたぶた」はずっと傍に置いてあったぬいぐるみで、贈ってくれた人が付けた名前そのままだそうです。

« ピンクと黒でオシャレ | トップページ | 「アトリックス・ウルフの呪文書」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/56455090

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぶたぶた」:

« ピンクと黒でオシャレ | トップページ | 「アトリックス・ウルフの呪文書」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック