フォト

おすすめ本

« ネルラさんの秘密 | トップページ | 「ミーナの行進」 »

「ポビーとディンガン」

ベン・ライス「ポビーとディンガン」アーティストハウス

妹にしか見えない友達に苛立っていた少年。
寝ついてしまった妹のために、一生懸命、探し回ることに。
切なく、心が洗われるような物語です。

オーストラリアのオパール鉱山の町に住むウィリアムソン一家。
8歳の妹ケリーアンは、目に見えない友達ポビーとディンガンを大事にしていて、いつも一緒。
母親は、ポビーとディンガンのために、食事まで作っていました。
ご近所の住人の中にも、ポビーとディンガンの分までキャンディをくれる人がいます。
少年アシュモルは、そんな様子に呆れ、時には頭に来ていました。

父親は、大きくて高価なオパールを掘り当てるのが夢。
でも、2年たっても、いまだに見つかってはいないのです。
ポビーとディンガンのことは本気にはしていないけれど、適当に調子を合わせていました。
ある日、父親は母親と喧嘩になり、急にポビーとディンガンの世話をし始めます。
ポビーとディンガンを採掘場に連れて行くと言って車に乗り、帰りに忘れてきてしまいます。
そうやって、他に友達のいないケリーアンに卒業させようとしたのですが…

必死になるケリーアンと一緒に仕方なく鉱山に探しに戻った父親は、隣人の採掘場に入り込み、「穴荒らし」として逮捕されてしまう。
ポビーとディンガンを見つけられなかったケリーアンは、何も食べなくなった。
病気になってしまったケリーアンを元気にするために、アシュモルは必死に考えます。
町中にポスターを貼り、妹のためにポビーとディンガンを探してくれと頼んで歩くのです。
アシュモルは何も信じないと妹に思われたままなのは、いやだったのでした。
最初は無反応だった人も、いつしか皆で探してくれるように…

みんなが探していると知ったケリーアンは喜びますが。
見つけた人には賞金をあげると書いたため、おかしな作り話を持ち込んでくる人が、10人も続きました。
ケリーアンに、もう一度坑道を探してくれと頼まれたアシュモルは…

そして、父の裁判の日。
町の人口の半分ほどは、ポビーとディンガンの捜索に加わっていたのです。

最初から出来すぎではない普通の男の子が、一生懸命になる様子に、こちらの気持ちも寄り添っていきます。
リアルな町の雰囲気や、登場人物の名前が独特で、現実味と不思議さが半ばします。
目には見えないものの存在…
町の人々は、ポビーとディンガンの気配を、確かに感じ取っていたのでした。
哀しいけれど、いとおしくて、忘れられない…

著者は1972年生まれ。
オックスフォード大学院在学中に執筆した本書でデビュー。
恋人の思い出話がきっかけになったそうです。
2000年の作品。
21世紀の「星の王子さま」という評もあるそうです。共通点て…?
印象に残る作品ではあります。

« ネルラさんの秘密 | トップページ | 「ミーナの行進」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/56455133

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポビーとディンガン」:

« ネルラさんの秘密 | トップページ | 「ミーナの行進」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック