フォト

おすすめ本

« 「麒麟の翼」 | トップページ | 薄ピンクの振袖のムーンストーン »

「ヘヴン・アイズ」

デイヴィッド・アーモンド「ヘヴン・アイズ」河出書房新社

「肩胛骨は翼のなごり」が有名なデイヴィッド・アーモンド。
子どもの心の柔らかさを信じているような…
これも似たテイストもありつつ、よりリアルで陰影が濃く、きらきらと印象に残る~他にない物語です。

孤児院ホワイトゲートから脱走した3人の子ども。
それぞれに生い立ちは違いますが~傷のある子どもを育て上げようという教育を押しつけられる立場に、やりきれなさを感じていました。
孤児院の院長モーリーンの、悪気はないけど、ちょっとずれている人間像も~実に存在感あります。

エリン・ローには、男の子の友達が二人います。
威勢が良いジャニュアリー・カー。
ネズミが友達で、ちょっと気が弱いマウス・ガレイン。
ジャニュアリーがひそかに作り上げていた筏に乗って出発!
川を下る冒険が始まります。
途中までは良かったんですが…

ブラック・ミドゥンという泥沼に行き着き、座礁してしまいます。
ヘヴンアイズと名乗る変わった女の子が登場。
皆をお姉ちゃん、お兄ちゃんと呼び、助けようとします。
ヘヴンアイズは無邪気できれいな少女だが手足の指の間に水かきがあり、言葉づかいも変わっていました。
グランパに、この泥の中から掘り出されたのだと言います。

グランパは老人で、このあたりの建物の管理人だという。
今はほとんど廃墟と化した倉庫で、隠れ住むようにして暮らしているらしい。
たまに遠くに見える人影を「幽霊」と呼ぶ彼ら。

エリンはヘヴンアイズに懐かれ、去りがたく思い始めます。
ジャニュアリーは苛立ち、出て行く準備をします。
グランパはいつもノートに何が起きたか書き続けていますが、時々様子がおかしくなるのです。
彼らの話はどこまで本当なのか?探ろうとするジャニュアリー。
不思議な暮らしが追いつめられていくとき、さらに起きる小さな奇跡。
それは…

切なく、心が洗われるようです。
現実に戻るエリンは、少し成長しているのかな。
2000年の作品。

« 「麒麟の翼」 | トップページ | 薄ピンクの振袖のムーンストーン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/56325237

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘヴン・アイズ」:

« 「麒麟の翼」 | トップページ | 薄ピンクの振袖のムーンストーン »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック